フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2009年11月26日

フィリピン語学留学・学生の年齢

ちょっとだけ昔のフィリピン語学留学中の頃の写真

私自身がフィリピンでの英語留学をトータルで10ヶ月した後、

現在は留学代理店をしているわけですが・・・

フィリピンに留学中の学生の年齢は私が日本に居た頃に想像していたよりもずっと幅広く感じます。


夏休み、春休みに親子で来られる場合は4、5歳の御子様もいらっしゃいますし

定年退職後に留学される60歳以上の方も多数、いらっしゃいます。

私の留学代理店以外の生徒では80歳以上の生徒さんともお会いしたことがあります。


夏休み等は4週間程度の留学をされる大学生の方が一時的にとても多くなりますが

これらのピークシーズンを除いた時期の場合は一番、比率的に多いのは30歳前後です。

男女共に多いです。


日本に居た頃は、留学というと若い女性が行くイメージが強かったのですが

ここ最近、弊社を通して留学された方は男性のほうが若干、多いくらいです。


私どものお客様情報を見なおすと、ピークシーズン以外は実に半数以上が30歳以上で、

更にその3分の1から4分の1程が40歳以上のようです。

よく空港に生徒様をお出迎えに行き学校まで送っていく途中に御話をすると、自分のような

歳の者が留学するのはちょっと、不安ですという声を聞くのですが、実際に学校に行けば

少なからず同世代の方が見つかりホッとするようです。


特に日本人スタッフがいる英語学校CELIUSP ESLでは日本人生徒数が多いこともあり、

様々な年代の生徒様が留学されています。




今日の話は何が言いたいのかというと・・・

いくつになっても目的を持って自分の意思で勉強されている方々は

本当に楽しそうで輝いて見えるということです。


実は今日は、来週からUSP ESLに留学される50歳代の男性にお会いしてきました。

(その方の場合は既にセブに滞在中だったので事前に学校見学後に学校を決めた為、
 来週からの留学です。)


その方は何と言いますか・・・

流石に経験豊富、話題も豊富でお話していて私が時間が経つのを忘れてしまう程です。

そういった方にお会いしパワーを貰うとまた、頑張ろうという気になります手(チョキ)

留学代理店というかフィリピンでの仕事は決して楽しいことばかりではありませんが、

こういった出会いがあると良い仕事を選んだとつくづく思います。。。


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、8位!今日もありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English

2009年11月11日

イングリッシュネーム(English Name)

TOM


この笑顔が素敵な日本人留学生の名前は・・・








トム




(2008年3月留学  私とは世代を超えて友人関係に・・・)








フィリピンの語学学校では欧米等に留学する場合と同じくイングリッシュネーム(英語名)を

つける or つけてもらう生徒が珍しくありません。


私の感覚ですが日本人生徒の30〜40%位が本名とは全然異なる英語名を持っていると思います。

残り70〜80%が本名かそれを、もじったユウスケ→YOUとかいうニックネームを

使っているようです。

韓国人生徒の場合は90〜95%以上が英語名を使っているように感じます。




別に欧米かぶれになっているからじゃなくて、外国人に覚えて貰いやすい名前を皆、つけています。

日本人の名前を覚えるのは外国人にはとっては難しいようです。

例外的にホンダさんとかスズキさんとかは問題ないのでしょうが・・・




フィリピン留学は短い人で1週間、長くても半年程度が一般的です。

生徒は同時期に何十人、何百人。。。

そして、語学学校ということころは入学・卒業と出入りが激しいところなので

名前は出来るだけ早く覚えて貰って、早く仲良くなって・・・


というほうが良かったりします。



そういうことで、これから留学する方で、自分の名前が外国人にとって覚え辛そうだと思う方は

あらかじめ英語名を考えておくのも良いかもしれません。

別に留学を開始してからでも、学校の先生とかに相談したら候補を挙げてくれるので

その中から選んでも良いです。


私の英語名ブルース(Bruce)の場合も学校の仲間に付けてもらっています。

実は私がフィリピンに初めて来たのは語学学校への留学がきっかけだったのですが、

語学学校に到着した夜、すぐに相部屋の韓国人生徒達に飲みに誘われて、

その飲み会の席で決定しました。  

頭が薄いからブルースウィリスにちなんでブルース・・・もうやだ〜(悲しい顔)

酒の席ビールならではの、おバカで安直な命名でしたたらーっ(汗) 

まさか、こんなに長くこの名前を使うことになるとは・・・たらーっ(汗)


たぶん、そういう人も多いと思います。



もちろん、留学中も学校内で本名で通しても良いです。 


その辺は本人しだいです。。。



人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、8位!最近、8位が続いています。。。
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


2009年07月19日

韓国人生徒

韓国人生徒とボホール島旅行

フィリピンの英語学校に留学すると韓国人生徒の多さに驚かされることでしょう演劇

セブのほとんどの英語学校は90%以上が韓国人という比率です。


韓国では就職するのに、英語を必要とする職種でない場合でも、とりあえず足切の

ように英語スキルの試験が行われたり、TOEIC等のスコアが求められたりするそうです。

もちろん、英語が必要な仕事では更に高いレベルの英語能力が要求されます。

その為、英語教育が日本よりも重要視されています。


前置きは、これくらいにして、皆さんが気にするのは彼等の反日感情ではないでしょうかexclamation&question


はっきり言って日本で生活していて韓国人と接する機会が無ければ、歴史的問題や反日感情の

情報を得ようとするならインターネットが最も手っ取り早い情報源になると思います。


そして、ネット、主に掲示板等から得られる情報では韓国人から見た日本人の印象は最悪ふらふら

その逆の、書込みをしている日本人からの韓国人への評判等も最悪。

関係はまさに絶望的な状況に思えるのではないでしょうか・・・がく〜(落胆した顔)


だから、韓国人がたくさん居るフィリピンの英語学校に留学を検討している方は、

「嫌がらせをされるのでは!」とか「相手にして貰えないのでは・・・」等と

不安になる方も多いようです。


でもでも、、、

実際、セブの学校に留学している日本人生徒の話を聞くとほとんど全ての生徒が

彼らと上手くやっています。


まあ、極稀に合わないという人もいるみたいですが。。。

(正直に言ってはいけないのかもしれないけど、そういう生徒さんが他の日本人生徒とは

 仲良くやっているかと言えば????)


私自身も韓国人比率95%以上のフィリピンの英語学校に10ヶ月間留学し、たくさんの

韓国人生徒と共同生活を送った経験がありますし、弊社を通して留学された方を多数、

見ていますが、最低限、韓国人生徒から嫌な思いをさせられたという話はほとんど聞きません。

時々は、相部屋になった韓国人生徒がマイペースでムカついたという話を聞くのですが

それは歴史・政治的な問題ではなくて個人的な相性の問題でしょう。


ただ、比較的、長めの私の留学生活で1度だけ、20歳位の若い韓国人生徒に

竹島問題のことを不意に言及されたことがありムカついたことがあります。

正直、島の領土うんぬんよりも、その彼の言い方が失礼でハラがたちましたちっ(怒った顔)

しかし、たまたま、その状況を見ていた他の年上の韓国人生徒からすぐ後に厳しく

指導を受けたそうです。

韓国人は上下関係が日本より厳しく、仮に短期の留学であっても当然のように年齢による

上下関係ができあがってしまいます。側から見てると過剰とも言えるほどです。

彼等の中でも、そういう風習を嫌う若者も多いのですがそういう文化、風習に逆らうのは

極めて難しいそうです。

あと、韓国人生徒の場合は年上の生徒が日本人感覚では信じられないくらい年下の

生徒の世話をしているのを見かけます。

ときにそれはお節介ではないか?と感じることが多々あるのですが、それも留学で数ヶ月、

共同生活を送り体験する分には興味深いものになると思いますぴかぴか(新しい)


日本人の若い生徒と韓国人の年上の生徒が遊びに行くときも、ほとんどの場合、彼らが

タクシー車(セダン)代を全額、払おうとしますが、何回かに1回でも払うか最低限、自分が払う

素振りはするべきだと思います有料

(たいていの日本人生徒は自然とそれができていると思います・・・)


意外と付き合ってみると良い奴ら。。。猫

そんな印象を持たれる日本人留学生が多いのですがやはり、言葉の壁や生活スタイル、

食習慣が違うので相部屋で長期間、生活されればストレスが溜まる方もいるようですあせあせ(飛び散る汗)


日本でも良く知られていることも含めて、多くの日本人とは異なる彼等の特徴を書いていきます。

(個人差も多分にあるので、細かいところは突っ込まないでくださいね。)

1.食生活が異なるレストラン

  唐辛子を多量に含んだ辛い料理を好む。キムチ類は欠かせない。
  英語学校の寮でも朝からキムチが用意されていることが多い。
  小旅行にも保冷ボックスにキムチを入れて持参される方も多い。
  休日に外食する際もフィリピン料理等よりも韓国料理レストラン
  に行くことを好む方が多い。
  ただ、稀に辛いものが苦手という方も実在する。


2.団体行動が基本バスバスバス

  日本の若い世代は、なんとなく服装や雰囲気が近い者同士が集まって
  友達になり2〜5人程度の
  グループで行動することが多いように感じますが、韓国人の場合は1グループが
  10名以上になることも珍しくありません。
  また、旅行先などで見かけるグループ内の服装を見てみると今時な格好の者と
  オタクっぽい服装の子が混じっていたりすることもよく、あります。
  でも、夜の街等で見かける場合はグループ全員が、夜なのにキャップを被っていたりと
  日本人よりも服装に統一感があることがほとんどです。その辺は私には理解不能です。
  先日、卒業したLIFE CEBUの日本人女子生徒は、韓国人生徒のキャップの装着率の
  高さから『休みの日は帽子を被らないといけない校則があるのかexclamation&question』と
  学校に質問した程、着用率が高いです。
  あと、彼等の良いところがもう1つ目
  新入生が1人で食事をしているのを見つけると、余程の理由がない限り誰かが声を
  かけて一緒に食べないかと誘ってくれます。これは相手が日本人生徒でも同じです。


3.相部屋になると結構、煩い人が多い。

  特に日本人女性から見るとズボラな人が多いようですたらーっ(汗)
  一方、兵役を終えた男性生徒は共同生活にも慣れていて20歳代半ばまでの
  日本人生徒と比較して堂々としていて、しっかりしているように見えます。
  そういう方の場合、一緒に食事ビールに行ったりすると新入生や周りへの気遣いができる
  印象が強いです。
  でも、相部屋で生活すると、ドアの開け閉めが煩い人や、ヘッドホン無しで
  音楽を聴き始めるマイペースな人が日本人より多いと思いますふらふら


4.意外にも歴史問題をあんまり語らない

  私が留学する前は、一々、歴史問題とか聞いてくる人が居たら面倒だなと思った
  のですが意外にも皆さん、意図的に日本との歴史問題の話題を避けているようでした。
  もちろん、私からも面倒なことになりそうなので、そういった話をすることは
  ありませんでした。
  一般的には政治的問題、特に昨今、韓国で熱い竹島問題等を未熟な英語力同士で
  論議するのは関係を崩す切欠にしかならない気がします。
  留学生は英語を勉強して、これから国際人になろうとしている方々の集団で、
  共同生活を送る上で良い人間関係を作ろうとしている間柄ですから、態々、
  そんな話題をお互いに出す必要もないと思います手(グー)



冒頭の写真はフィリピンに語学留学中に韓国人生徒14名日本人1名(日本人は私だけ)で

2泊3日のボホール島旅行に行ったときのものです船

この旅行はフィリピン人の悪徳業者に色々と騙されて酷い目に合い続けたわけなのですが、

鬼のチームワーク、キムチ・豚肉・ソジュウ持参、上下関係、面倒を見る年上の生徒、

それに甘える若い女子生徒・・・わーい(嬉しい顔)

文化の違いを感じつつ、熱い彼らと、留学中でしかできない貴重な体験をさせて貰いました
exclamation×2


フィリピンへの語学留学は意外にも韓国人文化を体験するチャンスでもあると思います。

あなたがこの先、国際的に活躍されることを望むのなら、世界のどこに行っても

留学・移住している彼等に出会うことになると思います。。。 



フィリピン語学留学は、そんな彼等を本当の意味で理解する最上のステージです。

彼等に遠慮は入りません。熱く、そして時にはお節介に受け入れてくれますよexclamation×2


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、6位exclamationいつも応援ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


2009年03月24日

フィリピン英語留学の科目別特徴

フィリピン英語留学の科目別特徴

フィリピン英語留学の科目別の特徴について考えてみましょう。


10ヶ月のフィリピンでの語学留学の経験者でもあり、他校の留学経験者とも相当数、

交流がある私と妻で、フィリピン語学留学の科目別の特徴として上記の表を作ってみました。



目的は、フィリピン語学留学の得意分野、不得意分野を洗い出して、特に、その不得意部分が、

留学生(あなた)が必要としている部分だとすれば、それを補うヒントを

提案したり、解決策を探すきっかけになって欲しいと思ったからです。



フィリピンへの語学留学の最大の利点は費用手(グー)

そして、次が豊富なマンツーマン授業手(チョキ)の数でしょう。


マンツーマン授業が多いことで、Speakingの機会が欧米留学の授業に比べて

圧倒的に多く持てるし、完璧に個人レベルに合わせた授業になるので、グループ授業で

なんか、良くわかんないけど、話が進んでいってしまうということもありません。

そういう、意味で中級レベルの方まではListeningでも大きな成果が上がるでしょう。


Reading、Writing、Grammarに関してもマンツーマンレッスンの利点は生かされ、

丁寧な添削、指導を期待していただいて間違いないと思います。

Grammarに関しては以前紹介した「マーフィーのケンブリッジ英文法」の

ような良書があれば自分でも学べるとは思いますが、英語学校のマンツーマン授業

でなら途中で挫折する心配がないという利点もあるし目標のペースで

学べると思います。




雨雷台風

それでは、学校の授業とそれに付随した宿題等だけでは難しい点は何かと言うと・・・


まず、1つ目はVocabulary(単語力)です。

こればかりは、いかに授業内容が良くても自分で空き時間に勉強しないと語彙は

増えていきません。

本当は日本に居るうちから、勉強して単語力を強化しておくのがベストですが、

日本に居ると忙しくて中々、難しいという人もいるのではないでしょうか?


以前、記事としても紹介しましたが『速読速聴・英単語』のような単語集を

ご自身の留学期間に合わせて1、2冊持って行くことをお勧めいたします。

朝や夜等の空き時間に少しずつでも勉強すると数ヵ月後には大きな差になります。

(短期留学の人は持っていかなくてもいいと思います。授業と宿題、予

習、復習で十分でしょう。)



そして、次に授業とその予習、復習だけでは習得が難しいと考えるのが

TOEIC等の試験対策クラスです。


ここで言いたいのは、特にグループクラス、フリークラスのような大勢

参加する講義形式のクラスのことです。


正直、難易度が高い試験になればなる程、英語で説明されるよりも、日本語で

テクニックが書かれた試験対策本を勉強したほうが、やり易いと感じることが

多々、あると思います。

また、講義形式では遮って質問するのが難しいし、仮に3〜4人のクラスで質問が

可能だとしても、クラスメンバー全員がそれぞれにとって、わからない箇所を

一々、質問してたとしたら進捗思わしくないのは目に見えていますよね?


だから、念の為の保険で、試験対策としてフィリピンへ語学留学を考えている

方は、試験解法テクニックの解説本・問題集を必要に応じて持って行った

ほうが良いと思います。


あと、1点補足ですが、ただテクニックを学んでいても試験のスコアは

伸び悩むし、基礎英語力(特に文法に関して)が無いとテクニックを理解する

こと自体が困難です。

まずは通常の留学中の授業等で基礎英語力が十分養われていることが

前提になります。

そういう、意味でもフィリピン英語留学は試験対策として有効だと思います。



特に、長期留学生の場合は、自分の留学目的に合わせて、これらの本を

持って行き、空き時間に自習するのが良いと思います。

でも、持って行き過ぎには注意してください。実際問題、留学中は宿題や

予習・復習がたくさんあるので、追加で自習できる時間は1日1、2時間が

精一杯だと思いますよ。


短期留学生の方はフィリピンに語学留学中は、フィリピン語学留学の得意分野に焦点を

絞って勉強すれば良いと思います。


※補足※

今回の表や記事に、ご意見のある方は、御連絡またはコメント欄に書込みして

貰えたら嬉しいですわーい(嬉しい顔)

私自身も、この表で完成したとは考えておらず、より多くの人の意見を

受けて手直ししていけたらと思います。

よろしくお願いします。



人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在11位!もう少しでベスト10返り咲きexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。