フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2009年12月12日

語学学校の寮の部屋種類

英語学校LIFE CEBUの広々、3人部屋

フィリピンに語学留学する生徒は普通、語学学校の寮ビル家に住みます。


1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋・・・

中には5人部屋を設定する学校もあります。


大抵の日本人生徒は1人部屋を選びたいのでしょうが、

1人部屋が安い英語学校RPCのような例外を除けば、普通は1人部屋の

寮費有料はかなり高いので、値段を考えてしまうと・・・・

どうしよう・・・という人も多いと思います。


一昔前、私が始めてフィリピンに来たときも実はセブの英語学校への留学でした。

その時に選んだのは3人部屋です。

そのときはルームメートが門限を破って深夜に帰ってくる人達で最悪でしたたらーっ(汗)

私自身が寮に住んだ経験や、今こうして留学の代理店をしていて色々と見ている中で、

現時点で長期留学される方に、お勧めしたいのはコストパフォーマンスの高さから2人部屋です。

(もちろん、予算的に1人部屋を選べるならそれが一番だと思いますが・・・)


まず、多くの学校で1人部屋と2人部屋だと、4週間で2万円前後、変わってくると思います。

仮に24週間留学するなら10万円以上の差になります。

2人部屋の利点は金銭的な面だけではありません。

2人部屋であれば自分が英語で話せば、ルームメートから英語以外の言語が聞かれることも

ほとんどないでしょう。

自分さえしっかりしていれば、さほどストレスなく過ごせるのが2人部屋です。



3人部屋以上ですとルームメートが自分にとって良い人達であれば問題ないのですが・・・

性格は個性なので仕方がないとして、生活スタイルだけでも合わないと

長期留学だとストレスが溜まることがあるかもしれません。

例えば、自分が英語だけで生活したいと思っても、残りのルームメート同士が

母国語で遠慮なく話す人達だと、耳障りに感じるでしょう。

また、私が留学したときのようにルームメイトが遊び人だと更に不運です。

向こうが悪くても、こちらは1人。 遊んでる人達が2人以上だと

中々、注意し辛いという人もいるでしょう。

また、人数の多い部屋は学生の溜まり場になってしまうことが極めて稀にですがあります。

(韓国人が多数の学校では、普通は日本人生徒が居る部屋が溜まり場に

 なることはないと思いますが・・・ 彼らもそれくらいの気は使います。)


2人部屋、3人部屋の料金の差が、ほとんどの学校でさほど大きくない点も見逃せません。

一般的には、この値段の差を許せる程の満足度の差が3人以上の部屋に比べて

2人部屋にはあると私は考えます目



一応、3人部屋以上もフォローをいれておきますと・・・

値段が安いですし、修学旅行的な楽しさも味わえると思います。

特に若い生徒はそういった環境が嫌いじゃない人もいるのでは???

また、冒頭の英語学校LIFE CEBUの3人部屋のように十分な広さがあり狭苦しさなく

留学できる学校もあります。




それと、寮の部屋についての補足ですが留学中にアップグレードすることが

可能な学校がほとんどです。

これは、例えば、初めは3人部屋に申込んでおいて、やっぱり1人部屋のほうが

良かったな〜と、なったときに差額分を支払って変えてもらう方法です。

注意点としてはアップグレードする部屋に空きがないと変われないという点と、

ダウングレード(1人部屋→2人部屋 等)ができない学校がほとんどという点でしょうか。。。



これらの点を踏まえて自分の好み・予算等に合った寮の部屋を選んで貰えたらと思いまするんるん


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、7位!ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English

2009年07月10日

何故、フィリピン? 何故、その中でセブなのか?

ヒルトンホテル隣の小港

ネットを彷徨って、私のところに辿りつき留学された方の話を聞くと

大体、皆さん以下のような流れで私のところまでコンタクトメール電話されているようです。


時系列に並べてみました・・・

1.英語が喋れるようになりたいexclamation

2.留学して英語を勉強すれば喋れるようになるはずっexclamation

3.英語留学と言えばやっぱりアメリカ! → "ネットで検索"

4.高けーーーがく〜(落胆した顔)有料

5.じゃあ、オーストラリア、ニュージランドだーーーっexclamation×2 → "ネットで検索"

6.高けーーー おえっがく〜(落胆した顔)有料有料

7.気を取り直して'格安留学'等のキーワードで検索すると『フィリピン留学』を発見exclamation

8.この辺の値段ならなんとかなりそう。。。ぴかぴか(新しい)

9.もうチョイ、調べてみると、どうやらセブ島が良いらしいexclamation

10.セブ島で安い学校、良い学校はないかexclamation&question "さらにネットを検索"

11.おーーー、どうやら、このCEBU Englishというのは安いし現地に拠点があって

   詳細な情報は単なるセールストークだけじゃないぞっ。。。目

12.じゃあ、このCEBU Englishに連絡して詳しく聞いてみよーーー・・・メール電話


実際にはこんなに単純ではないことも多いと思いますが、

相当、端折るとこんな感じみたいです猫


そして、今日は、上記流れの中の9番の『どうやらセブが良いらしい』の

くだりを、ご説明いたします。



前置きが長くて、すいませんあせあせ(飛び散る汗)



フィリピンに留学する上で候補地はマニラ、セブ、ダバオ、バギオ、イロイロ等が挙げられます。


はっきり言ってマニラはセブよりずっと都会ですビル

良い語学学校に当たれば優秀な先生もたくさんいるでしょう。。。

難点は都会の人間は冷たいというのでしょうか・・・ 

普段の生活で出会うタクシー運転手等の人当たりが擦れていて強気に

ボラれたりと、中々、大変ですふらふら

私は旅慣れているほうだと思いますがマニラに行くと手強いという印象ばかりです。

そして、極めて空気が悪いバッド(下向き矢印)

(セブも街中や渋滞する大通り沿いは空気が悪いのですが。。。)


そして、何よりも留学生にとって大きいのは、セブのほうが

マニラよりも街中の英語通用度が高いと感じる点です。

これは、マニラを含むルソン島全体に言えることらしいのですが、

フィリピンの共通語であるタガログ語が広く使われている為、外国人が街中で

店員等に話しかけても「タガログ語話せないの?」と聞かれる

ことがとても多いです。


これが、セブだと、留学生などの外国人が、レストラン等で店員に

話しかけても「タガログ語話せないの?」とか、セブの現地語である

「セブアノ話せないの?」等と言われることは、マニラ等に比べて

極端に少なくなります。

正直なところ、セブの全ての人が英語を話せるわけではありませんが、

大卒クラス= 学校の先生などであれば、英語を流暢に話せる者が

採用されております。





つぎに、ダバオは大都市ですがマニラよりも評判が良いです。

他に挙げたバギオ、イロイロは勉強だけにスポットを当てたら良い環境の学校も

多いと思います。

難点を挙げるとすれば交通がセブよりも不便な点でしょうか。。。車(RV)バス




じゃあ、次に私がセブをお勧めする理由を以下に挙げていきます。。。

1.優秀な大学がセブには多数あり、語学学校はそれらの卒業生等から優秀な

  人材を確保しやすい手(チョキ)

2.語学学校の数が多く、学校間の競争、差別化を図る為の努力が常に行われている。

3.世界的観光地として知られ、週末のアクティビティや観光も満喫できる。

4.フィリピンだが、田舎過ぎない。私の場合、セブに来る前は10年以上、
  
  東京で生活していましたが、そんな私も生活に大きな不満がない程度に

  ショッピングモールやレストランレストラン、バーバーが充実している。

  半年程度の長期留学では評判の良いレストランだけでも回りきることは

  できない程。

5.日本人もたくさん住んでいる為、多くの日本食屋、食材店があるモータースポーツ

6.成田からの直行便(フィリピンエア PR-433便,PR-434便)が飛んでいる飛行機

7.乗継便の場合もアジアのメジャー路線の為、旅行会社に問い合わせれば

  安いチケットを見つけるのが容易。

8.空港から学校までの距離が近い。大抵は30分以内。近い学校では5分強車(セダン)


どうですかexclamation&question

これだけの好ポイントがあって、セブを選ばない手は無いのではexclamation&questionexclamation&question


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、6位!ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


2009年07月02日

無理はしないで

フィリピン・セブの風景

私はフィリピンのセブ島にある英語学校を紹介する仕事をしていますが

時々、心が痛くなることがあります。


どういうことかというと・・・


若い方や、バックパッカー経験者等で、長期留学時に極端に予算を

削ろうとする方がいて非常に心配になることがあるのです。

とにかく予算ギリギリまで留学期間を延ばし、お小遣い的な御金は

ほとんど残そうとしません。


これは時に危険なことだと思います。


残念ながらフィリピンではお金に余裕があって少し金払いが良い位のほうが

無用なトラブルを避けられ余計なストレスを溜めなくて済むことがあります。

また、ちょっとのお金で日本では中々、できない贅沢ができます。

欧米等に比べて安価なフィリピンへの語学留学では節約しようとして出来る限界は

たかが知れています。



いくつか極端な例を挙げていきます。


学校内で言えば・・・

ビザ延長費用やIDカード、教材の費用が高いとスタッフに悪態をつく人や

支払いを免れようとする方がたまにいると聞きます。

そういった職員や先生への態度は、回りまわって自分が受けられるサービスや

日本人全体の評価を下げることに繋がりそうです。


学校外で言えば・・・

屋台やタクシーで5ペソ、10ペソの違いにムキになり交渉し過ぎるのもストレスを

余計に溜めたり、サービス提供中の危険度が増すとは考えられないでしょうか?


もし、あなたがフィリピンでの長期留学を検討中で同じように御小遣い的な費用を

極端に削ろうとしていたら考え直して欲しいです。

(常識の範囲内での節約なら私も大賛成です。垂れ流す必要はないでしょう。。。)


もしも、極端な倹約をするつもりなら変わりに留学期間を短縮することをご提案します。

例えば12週間の留学を10週間に削ったとしましょう。

2週間短くしたら5万円前後は浮くと思います。

その御金の全部ではなく・・・

その御金の何割かがあれば寮での食事に飽きない程度にフィリピン料理屋や

日本食屋で外食したり、週末は御学友とアイランドホッピンングしたり、

ビーチリゾートに泊まりに行ったりできます。

それくらいのゆとりを持った気持ちで過ごした留学生活のほうが、

長い人生で考えれば時間を有意義に使ったと言えないでしょうか?

無理をして、とてつもないストレスを感じ他生徒にまで迷惑をかけながら勉強した

12週間よりも集中して勉強し充実した余暇も送った10週間のほうが幸せで、

そして英語の習得度にも大きな差にはならないのではないでしょうか?

週末の1日位だけでもセブで知り合った異国の生徒・先生や、異なる価値観・

目標を持った生徒達と過ごすことは一生の友達が出来るチャンスになるのでは???


また、担任になる3〜5名程度の先生に1個100円程度のお土産を用意したり、

卒業前には御礼と連絡先をカードに書いて配るような心配りがあると更に良いと思います。

(高額な物でなければ、これらの事を禁止している学校はないと思います。)

前者は英語初心者でも話の切欠や打ち解けるネタにもなるし、後者は卒業後の

メール友達になる良い機会です。

金銭的にギリギリで予定をたててしまうと、こういった考えには

至りにくいのではないでしょうか?


もちろん、こういったことをするのは留学生個人の判断なのですが私が見ている限り、

こういうことを大袈裟ではなくスマートにできる人は留学生活を非常に

楽しんでいるように見え卒業前の顔も晴れやかに見えます。



人それぞれに予算があり、フィリピンへの語学留学といえども高額になることや

留学中の収入がなくなること、帰国後の就職活動資金等。。。

そういったことを考えると余り強く言うべきではないのかもしれませんが

どうしても、心から離れない為、今日は勝手とは知りながら書かせて貰いました・・・


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、13位!ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


2009年04月16日

1日何時間の授業コースを選択すべきか?

フィリピン留学・セブ留学はCEBU English

フィリピンへの語学留学を検討し各校の調査をすると授業数が多いのに驚かれることでしょう。

多くの学校は1日最低8時間以上の授業が受けられます。(フリークラス含む)

しかも、そのうち半分以上がマンツーマン授業であることが珍しくありません。

欧米留学を調査・検討後に費用面で挫折し、フィリピンへの語学留学に方針転換した人達等に

とっては非常に喜ばしいことだと推測いたします。


弊社が扱っているフィリピン・セブ市の英語学校BPの場合だと最大12時間まで

受けられるコースがあります。

他の学校でも同時間程度まで授業を受けられる所がいくつかあるようです。

じゃあ、一体、何時間のコースを選択するのが一番、効果的に学習できるんだろうって

いう疑問が湧くのではないでしょうか
exclamation&question


ただ闇雲にたくさん、授業数があれば良いってわけではないのはお察しの通りです。

弊社が扱う英語学校BPの授業コースを例にお勧めの

1日あたりの授業時間数についてお話します。


●ベーシックコース:1日8時間授業
 (マンツーマン授業4時間 グループ授業2時間 フリー授業2時間)

  ・一般的な留学生に一番お勧めのコースです。
  ・特に4週間以上の留学期間がある方にお勧めいたします。
  ・宿題、予習、復習を考慮すると十分な授業ボリュームがあります。
   (私が以前、10ヶ月間のフィリピン語学留学してたいときも、この
    1日8時間のコースで勉強していました。)


●BPコース:1日10時間授業
 (マンツーマン授業6時間 グループ授業2時間 フリー授業2時間)

  ・1〜4週間程度の短期留学の方に一番、お勧めのコースです。
  ・宿題・予習・復習を考慮すると平日はほとんど自由になる時間(外食等
   する時間)はありません。
  ・フィリピン・セブ島は観光地としても魅力的な為、平日夜間の外出や頻繁に
   外食することを考えている人には、短期留学だとしても向かないと思います。


●スペシャルBPコース:1日12時間授業
 (マンツーマン授業8時間 グループ授業2時間 フリー授業2時間)

  ・1〜2週間の短期留学で、スピーキングだけに特化した授業を希望の
   方だけにお勧めいたします。
   (ほとんどの方はスピーキング以外にも弱点があるものなので特別、
    強い希望がある方以外には弊社ではお勧めすることはありません。)
  ・BPの場合、宿題は他コースの生徒よりも少なくなるよう考慮されています。



大体、こんな感じです。。。



次に1時限あたりの授業時間数も学校によって違うことがあるので、

それについても触れておきたいと思います。

具体的に言うと弊社が扱っている学校だとBPの場合は1時限50分ですが

LIFE CEBUの場合は100分です。

これには一長一短があります。


<50分授業の利点>

長所:時間が短い為、集中力が途切れづらい。

短所:学校によっては50分単位で先生が交代になる為、授業の開始毎に挨拶等で
   時間を使うことになる。
   (BPの場合は2時限単位で先生が交代します)



<100分授業の利点>

長所:授業が途切れない。特にグループ授業の議論中に休憩時間になるのは
   気持ちよくないという方が居ます。

短所:長すぎると感じる人が居る。特に喫煙者の方には100分だと長いと
   感じる人が居るようです。



こういった点を考慮し自分に合った学校・コースを選んで是非、フィリピンでの語学留学を

成功させて欲しいと思います。


人気ブログランキング(留学)参加中!!
10位にランクダウンバッド(下向き矢印)
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


2009年02月25日

留学期間と英語習得度の目安

留学期間と英語習得度の目安

いったい、どのくらいの期間、留学をすれば

英語を話せるようになるの
exclamation&question



という、漠然とした疑問をお持ちではないでしょうかexclamation&question



私もフィリピンに語学留学をする前は英語初心者だった為、同じ疑問があり留学経験者や
エージェントに何度も尋ねた記憶があります。


これがある程度、クリアにならないと留学期間が決められないですしねexclamation&question


この疑問に応えるべく我々の仲間で協議し作成したのが冒頭の表です。


もちろん、個人差があり、この表のようにはいかないこともあると思いますが、
ほとんどの方の場合は、この表よりも習得度は早いようでするんるん


今回、この表に関して協議等した日本人メンバーは5名です。
いずれも3〜40歳位のフィリピン語学留学経験者です。留学開始前は
初心者だった人も、初めから上級だった人も含まれています。

もっと若い方は記憶力、体力、学業から離れていた時間等も今回の
協議メンバーよりも条件的に有利だと思います。



あと、表にはありませんが、半年を越えてフィリピンに語学留学をする人達も
少なからず居ます。


どれ位の期間、勉強したらよいか分からないけど会社を辞めて時間があるし
1年位勉強すればまあ、私でも話せるだろう的な考え方の人が多いようです。

この考え方自体は間違っていません。

1年もフィリピンの語学学校に通い、それなりに勉強すれば
普通の人が求めるレベルには話せるようになっているでしょう。

ただ、1年もいると途中で飽きてしまう可能性があります。

いくら、世界的観光地/保養地のセブとはいえ、週末に普通のペースで
観光していたら日帰りで行けるところは半年位で無くなってしまうと思います。
(補足:行くメンバー次第で何度行っても楽しい場所もあります)


また、1年も居る人は語学学校の中では少数派なので後半は周りの
学生の英語レベルを低く感じ、友達付き合いが面倒になったりするという
意見もあります。

それと、徐々に習得度がなだらかになってくるので、特別な目的が無く、
金銭的に余裕があるのなら半年を越えたあたりで、ネイティブの
国に移って留学をしたほうがメリハリがあって良いかもしれません。

もちろん、セブでならネイティブの国への移動費・総留学費用を考えると、
費用を数分の1に押さえることができるので金は無いけど時間はある
よ的な人にはセブに残って勉強するのも1つの正しい選択肢です。


半年辺りで一つの区切りをつけると思って勉強しておいたほうが、
目標設定や自身の英語スキルに対して計画を立てやすいと思います。

最長でも半年を目安に契約して、半年経つ1〜2ヶ月程前にセブに残るか、
帰国するか、ネイティブの国に短期でも行ってみるか等を再度、検討するのがお勧めですわーい(嬉しい顔)exclamation


人気ブログランキング(留学)参加中!!
6位に後退バッド(下向き矢印)それでも、まだ、上位!!
いつも応援クリックありがとうございます。exclamation

これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ島格安留学<MDL>

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。