フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2009年05月02日

フィリピン留学の先生の質

フィリピンセブ島の英語学校 LIFE CEBU

フィリピンセブ島の英語学校 LIFE CEBU

フィリピン英語留学についてネットを彷徨って掲示板を眺めたり、セブの町で知り合う

フィリピンへの語学留学リピーターの方達と話をするとフィリピン語学留学の先生の質について

盛り上がることがある。


中には「どこの英語学校でも、同じような先生の質だ」みたいな極端な意見も耳にする。


でも、その意見は、あちこちの英語学校を調査し、各校の先生にとっては抜き打ちになる

体験レッスンや、先生達の勉強会等を見学して回っている私に言わせて貰えば大間違いです。


学校によって先生の質もレベルも違います!!

断言できます。



どこの学校も先生の入社試験は厳しい。それは間違いない。

それを宣伝文句にする学校は多い。

でも、それって超・就職難のフィリピンでは当たり前のこと。


じゃあ、どこで先生の差が出るかといえば。。。

私は採用後の教育体制と管理体制にあると思います。


教育体制・・・

そう、先生にも教える為のトレーニングが必要なんです。当たり前ですよね?

これを疎かにしている学校がある。

採用後の先生候補にトレーニング期間を設けたら人件費が発生しますよね?

日々、先生用の勉強会等で残業させたら人件費が発生しますよね?

そもそも、高学歴で英語力がある優秀なフィリピン人講師でも、それまでの進学等で

自身に関係なければ初めからTOEIC、IELTS等の英語試験について詳しいわけが

ないですよね?



次に管理体制・・・

授業中の監視体制。授業開始に遅刻する先生が居ないか・・・

授業中に教えるよりも世間話に夢中になる先生がいないか・・・

実際に私が先生の授業をいつも確認するのは難しいので、学校管理者等がどの

程度の頻度で教室を監視しているか等をチェックします。

私から見れば信じられないのですが、中には外国人管理者(校長等)がいるのに

フィリピン人スタッフ以外は教室の授業風景を基本的には覗いたりしない学校も

あるのです。


見学してきた数多くの語学学校。。。

私は経営者や設備面を初めに見て興味を持った段階から学校の表面的な

ところだけではなく、放課後などに一般講師達にも接触を試みます。

そして、学校内の実態まで調査します。

じゃないと、怖くて日本の皆様に紹介なんかできない。。。

これらの内容は、もちろん語学学校管理者等にも聞きますが、出来る限り一般講師とも

裏では接触し、自然な会話の中で情報を得ていきます。

学校管理者と一般講師に話の食い違いがある場合、私の場合は一般講師の

意見にもかなり重点を置いて聞くようにしています。

それは、学校管理者は得てして学校を良く見せたがる傾向にあり、また、一般講師は

学生が接触する機会が一番多い為、彼らに不満点があれば、それがそのまま生徒に

跳ね返ってしまう可能性があると考えているからです。

学校管理者が不誠実な回答しかしない場合はもちろん、私がその語学学校を次に

訪れることはありません。


また、学校講師の給料も具体的金額は書きませんが、紹介しようと思う学校については

一般講師の給与は出来る限り調査します。いやらしいですが・・・

(実際にはそこで知り合った方々と仲良くなると偶然、教えて貰えることが多いです。

 初めて会った、その学校の先生に”給料いくら?”なんて失礼なことを聞いたりしません[笑)

安いよりは高い給料を与えている学校のほうが良いに決まっていますが、極端な例を除けば

実は平均以上の額を与えている学校なら私は十分だと考えいています。

この辺は、日本でも安い給料でもちゃんと働く人がいるように、学校内でストレスなく充実した

仕事ができる環境であれば、フィリピン人も素晴らしい仕事をしていて輝いて見えます。

逆に言えば高い給料でも、それに慣れてしまえば普通のことになってしまうのが人間だと思います。

この給料チェックの際は、未払いや給料の支払い遅延等がないかも、もちろん聞いていきます。

そんなこと、教えてくれるのかって思うかもしれませんが、実際に従業員が不満を抱えている

学校では部外者の私にさえ不平不満を漏らさずにはいられないようです。



私が紹介する学校は、私のこれらの当たり前の基準を満たした学校です。

正直に言えば、セブには私が紹介していない学校でも良い学校はあります。

でも、私の目が届かなくなるのが嫌な為、あまりたくさんの紹介校を持つつもりはありません。


あっ、それと言い忘れましたが、私が紹介する学校内でも講師のティーチングスキルや、教える科目

によって得意度等は差があります。例えばA先生はライティングを教えるのが得意だとかB先生は

IELTS試験対策の神だとか・・・ C先生はまだ、新人トレーニング中だとか・・・

でも、どの先生がどういった科目を教えるのが得意であるとか、誰だったらその苦手分野に

詳しくて聞けるかというのが学校内(先生の間)で情報共有されています。

完璧な人間なんていません。

でも、そこにいる皆が生徒の英語力向上の為、力を合わせれば間違いなく結果として現れるはずです。



フィリピン英語留学は近年、急速に発展・充実してきており、我が社じゃなくてもどこの

留学エージェントも、どの語学学校に優秀な講師が多くいるのか位は把握していると思います。


本音を言えば、私の会社を通して留学してくれたら嬉しいけれど、そうじゃなくてもいい。

最悪なのは今、フィリピンに語学留学を検討中のあなたが駄目な学校に設備の写真や値段だけを

判断材料に入学し最悪の思い出だけを残してフィリピン語学留学及びフィリピン&セブを

いになってしまうということ。

そうならないのなら、まずは私は嬉しいです。。。


今日は、こんな長文読んでくれてありがとうございました。。。わーい(嬉しい顔)


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、6位グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English