フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2016年06月27日

2016年にセブ島留学した学生が巻き込まれた事件事故!

先日、セブシティの日本領事館で開催された『第12回セブ留学生活安全対策会議』で、私が発表した内容を、前回に引き続き書いていきます。
過去、3年半に渡り、当社ではセブ地域の各語学学校にお願いして、留学生が事件&事故に巻き込まれてしまった場合に、その内容(日時、被害者の年齢・性別、セブ滞在歴、場所、被害物、犯行状況、経過)を報告してもらい、整理してから各語学学校や日本領事館等に情報共有してきました。各語学学校では、その情報を元に最近の犯罪手口を確認して、オリエンテーションや掲示板での注意喚起に活用しています。
誤解がないように書きますが、被害報告対象は、当社のお客様に限らず、その学校に留学した全生徒が対象です。渡航前から防犯対策動画等でしっかり対策を知って留学される当社のお客様の場合は、一般的な留学生に比べますと、被害に遭われるケースは少ないので誤解しないでください。

今回の発表では、昨年12月から今年6月の間に各語学学校から寄せられた28件の学生被害報告の傾向を纏めて発表しています。尚、学校から全ての被害報告が届いているようには思いませんし、学生さん自身も、少額のスリ被害等ですと学校職員に報告しないケースがございますので、件数的な所は考慮して御覧ください。

それと、声を大にして言いたいのは、ここに挙がっている事件・事故は海外における通常レベルの防犯意識があれば全て防げる犯罪です。無駄に怖がる必要はありません。セブ島留学を、英語学習だけでなく、多くの国々でそのまま通用する防犯意識を身につける実践の場だと前向きに考えてもらえたら嬉しいです。

Slide10.JPG
最近の傾向として、セブシティのアヤラモール、SMモール内でのスリ被害が目立ちます。ATM利用直後の被害も報告されているので狙われた可能性が高いです。高額の両替や、引き出しを行った場合には一旦、学校寮に戻り金庫やスーツケースに鍵をかけて保管するようにしましょう。

Slide11.JPG
ジプニーで移動すればスリ被害、徒歩で移動すれば強盗被害に遭う可能性が高くなります。タクシーでの移動をお勧めします。ほとんどの留学生がタクシーメインで移動されていますが、タクシーを利用しての被害報告は数年間遡ってみても稀です。セブ島のタクシー初乗り料金は40ペソ(約100円)です。安全面を考慮すると非常にコスパが高いと思います。

Slide12.JPG
学校周辺等で、ある程度の安全が確保されている場所で徒歩移動をすることが現実的な所もあると思います。その場合も、ヘッドフォンで音楽を聞きながら歩いたり、歩きスマホは厳禁です。また、ポケットから簡単にスマホが抜き取れるような状況や、口の開いた鞄、後ろから盗られても気づき辛いリュックを背負うような所持品管理もNGです。
帰国直前の週末等にパスポート原本を持ち歩いていてスリ被害に遭った人も報告されています。パスポートはセブの町中で警官等に身元確認される可能性が0%ではないので、念の為、コピーを持ち歩いて欲しいのですが、原本を持ち歩く必要はありません。
尚、パスポートを紛失してしまった場合、日本領事館で帰国用の書類を作成してくれますが、以前はセブだけで完結できた作業が、最近はマニラまで本人が行って追加手続きをする必要があり、余計な出費が必要になっています。パスポートが盗まれるようなことは絶対に避けましょう!

Slide13.JPG
前回迄に書いたジャパニーズヘルプデスクの発表にもありましたが、最近、バイクタクシーでの事故が増えています。後部座席のマフラーで火傷したり、転落して怪我を負っています。また、離島などに行き、無免許でレンタルバイクを借りて事故に遭ったケースが報告されています。無免許ですと、もちろん海外旅行傷害保険は下りません。友達を後部座席に載せて事故を起こした場合、友達分の保険が下りても、運転していた人が加害者とみなされて、友達が利用した保険会社から支払いを請求されるケースもあるようです。

Slide14.JPG
この半年の間に、イカサマトランプ賭博詐欺の被害が相変わらず3件、報告されています。この手口に引っかかると、手持ち現金の他、ATMで限度額迄、下ろさせられ、クレジットカードで高額のスマートフォン等を限度額迄、買わされる為、被害額が大きくなる傾向にあります。
ショッピングモール内等で声をかけてくる知らないフィリピン人について行かなければ、簡単に防げる犯罪です。留学開始迄に、この手口を何らかの方法によって知っている事が大事です。各語学学校には留学開始前の配布資料はもちろん、入学時のオリエンテーション等でもきちんと説明して欲しい内容です。

Slide15.JPG
残念ながら、講師によるレイプ被害の報告が1件ありました。被害者の女子留学生は学校職員に言えずに日本領事館に相談しています。学校によっては講師との学校外での接触を明確に禁止していますが、自由が学校もあります。
自由な事が全て良いことだとは思わずに、先生であっても、プライベートの境目はしっかりされるべきだと思います。
また、ダイビングショップスタッフによるセクハラが報告されています。被害女性は日本語の現地情報誌に広告が出ていた事から安心して利用したそうですが、広告料を支払えば掲載される情報誌は安全を約束してくれるものではありません。
留学生は、ダイビング免許を取得する際には、値段だけに囚われずに、何年も運営されていて評判の良いダイビングショップを学校管理者・当社利用のお客様であれば、当社に相談して紹介してもらうほうがベターです。当社や学校管理者も安全は確約できませんが、評判上、問題ないと思う所を紹介します。
それと、ダイビングは一般的に免許を取得することがゴールではありません。免許を取得しても、自身の安全管理や呼吸法をきちんと習得していないと、免許取得後のファンダイブを存分に楽しめません。そういった意味合いからも、しっかりと教えてくれる少人数制で、理解できる言葉(英語ビギナーの方は日本語)で教えてくれる所を利用するべきです。

Slide16.JPG
学生同士の金銭の貸し借りや、先生との金銭トラブルにも注意しましょう。今回、被害報告に挙がっていたのは、韓国人留学生にお金を貸したら返ってこないという内容でした。

次回も引き続き安全対策会議で私が発表した内容を書きます。







2016年06月22日

日本領事館の安否確認対象から漏れている学校

D6H_4419.JPG

先日、セブシティの日本領事館で開催された『第12回セブ留学生活安全対策会議』では、私自身も3つの議題で発表したので簡単に内容を書いていきます。 (冒頭写真は私ではありません。💦)


1.緊急連絡網整備

Slide3.JPG

セブ留学生活安全対策会議では、大地震や大型台風が発生した際に安否確認が行えるように、各学校の緊急連絡情報の整備を行っています。
また、この情報は、留学生絡みの事件・事故で日本領事館から学校に緊急連絡を行いたいときにも利用されます。

緊急連絡先情報は、各学校の代表連絡先に加えて、校長や日本人職員の連絡先、そして、職員達はフェイスブックのグループへと登録されています。

尚、この領事館と当社で管理している緊急連絡先情報には、各留学生個人の情報は含まれておりません。留学生の個人情報が外部に漏れていることはございませんので、ご安心ください。

Slide4.JPG

Slide5.JPG

今回、この緊急連絡先情報の更新を行った際には、当社セブイングリッシュの職員が各語学校にメール等で情報収集を行ったのですが、当社で把握しているセブ地域の語学学校が42校あり、以下の34校から回答がありました。
逆に、ここに掲載されていない学校は、地震・大型台風等発生時に日本領事館の安否確認対象から漏れています。
この回答いただいた学校名については、会議中では発表しておらず、このブログで初めて公開しています。

【2016年6月21日時点で緊急連絡網に載っている学校】
CROSS X ROAD(クロスロード)
First English Global College
TARGET Global English Academy
English Fella(1/2キャンパス)
CEBU ENGLISH GLOBAL ACADEMY(CEGA)
EV Academy (Executive Village tutorial of fluent English)
QQ English ITパーク
QQ English シーフロント
Best Of Cebu English Academy(BOC)
Cebu International Academy(CIA)
MBA(Master of Business English Academy)
SMEAGキャピタル
SMEAGクラシック
SMEAGスパルタ
CG ESL Center (Cebu Globalization ESL Center Inc.)
Firstwellness English Academy
セブアメリカンイングリッシュアカデミー
Philinter
Bayside English Cebu RPC Campus
Bayside English Cebu Premium Resort Campus
MDL
AHGS English Academy
IDEA CEBU
IDEA ACADEMIA
Cebu JIC
3D ACADEMY
Brilliant Cebu English Academy
サウスピーク・日本語禁止校
サウスピーク・オリジナル校
サウスピーク・プレミアム校
CELLA
CEBU ESL
C2 UBEC English Academy
セブブルオーシャンアカデミー


Slide6.JPG

当社職員は可能な限り、セブ地域の語学学校に連絡を試みましたが、回答がない学校に関しましては、我々もボランティアで行っておりますので、これ以上の後追いはしません。もしも、このサイト等をご覧いただく等して、危機感を感じるようでしたら当社迄、ご連絡ください。
また、新しくオープンした学校や、小さなホテル等で運営を開始している学校ですと、当社で把握できない事が多々あります。この点の力不足はご容赦ください。当社迄、ご連絡いただけましたら、今後は他校と同じように安全対策会議等に関する案内メールを送らせていただきます。

緊急連絡網の情報更新は、既存校への確認だけでも中々、大変な作業です。新設校に関しては、安全対策に関して多少、アンテナを張り巡らせていただくと、この安全対策会議については簡単にリサーチでき、セブ地域の語学学校に対してはオープンに開催されているものだと知ることができると思います。
ネット検索はもちろん、セブ島の留学生向け情報誌Couponでも、安全対策会議の紹介や問合せ方法等を掲載しています。現状は当社負担の部分が大きいので、できるだけ、そういった学校のほうから当社または日本領事館迄、連絡してもらえるとありがたいです。

Slide7.JPG

次回も引き続き安全対策会議で私が発表した内容を書きます。







特別ゲスト・総合病院のジャパニーズヘルプデスク

D6H_4368s.jpg

前回の記事では「第12回セブ留学生活安全対策会議」に出席された特別ゲストのセブ国際空港の税関職員の発表について書きましたが、今回は、同じくゲストとして出席された、セブ地域の総合病院で、日本語で受診できるサービスを提供しているジャパニーズヘルプデスクの日本人職員の発表内容について簡単に書きます。

発表内容
・クレジットカードの付帯保険を利用される場合、カードに加えてパスポートを持参して欲しい。原本でなくてもいいが、顔写真のページだけでなく、日本からの出国印が押されたページ
・出国時に自動ゲートを使った場合には、出国印が残っていないので、その場合は搭乗券の半券で証明可能(航空券スケジュールが書かれたEチケットを印刷した物は原則不可。実際に出国したことを証明できない。)
・バイクタクシーの事故が増えている。二人乗りで後部座席から転倒したり、マフラーで火傷する事故が多い。
・離島に旅行した際にレンタルバイクで事故に遭うケースが出ている。無免許で運転して事故にあった場合、海外旅行傷害保険は適用されない。友達が後部座席に同乗していたケースで友達が怪我を負うと、友達に保険が適用されても、運転していたほうが加害者となり保険会社から治療費の請求をされる可能性アリ
・新しくマンダウェシティの病院にもジャパニーズヘルプデスクが設けられたが、まだ、準備段階でキャッシュレス診療は行えない。後日、他病院と同じレベルで診察が可能になったら、セブイングリッシュ経由で各校に通知させていただく。
・夜間診療でER利用希望者が、ジャパニーズヘルプデスクに深夜電話してこられるが、重篤なケース以外での利用は控えて欲しい。特に夜間ERは医者が十分とは言えず、応急処置的な内容で不十分な治療になってしまうことが多い。

次回の記事でも、引き続き安全対策会議関連を書きます。







セブ国際空港では全ての荷物が課税対象になり得る?

D6H_4407s.jpg

昨日、セブシティにある日本領事館で、セブ地域の語学学校管理者を集めて、「第12回セブ留学生活安全対策会議」が開催されました。
この会議は、日本人留学生のケアを行う学校管理者(学校オーナー、日本人担当職員、インターン等)を対象にして、半年に1回程度、開催しており、今回で12回目になります。
第1回の開催から、当社セブイングリッシュでは、私が代表幹事を務め、スタッフ達も事前準備や当日のアシスタント等として運営をサポートしています。

【特別ゲスト・セブ空港の税関職員】
昨日の会議では、ゲストとしてマクタン・セブ空港の税関職員の人達にお越しいただき、どのような持ち物に対して課税される可能性があるのかの確認や、持ち込みする現金の制限等について説明を受けました。

説明してくれた内容の例
・タバコは2カートン迄、お酒は2本迄が無税という明確なルールがある。
・仮にどんな荷物であっても、フィリピンに持ち込む荷物は全て課税される可能性がある。
具体的に言うと、中古の衣類や、個人利用するパソコン・スマホ等であっても、税関職員の判断で、量が多いと判断されたり、不自然な点があれば、それは課税対象らしいです。
一般的に、個人利用する通常の範囲で、衣類や、化粧品、使用済の電化製品を持ち込んでも、そこは課税されることはないとの説明でしたが、全ての権限は税関職員にあるので、税関では横柄な態度をとる等して、目を付けられないようにしましょう。
・日本円や米ドル等の外貨は、1万ドル未満は申告なしで持ち込める。
・1万ドルを超えていても外貨の場合は申告さえ、きちんと行えば持ち込み可能。
・フィリピンペソ現金の場合は、1万ペソを僅かに超えた場合であっても、フィリピンからの持ち出し、持ち込みはできず、申告したとしても没収対象。

次回の記事でも、引き続き安全対策会議関連を書きます。

D6H_4387s.jpg

D6H_4341s.jpg








2016年06月15日

セブ島はビジネスプランのインターネットも繋がらない

20160615_104232.jpg

もう、2か月以上、職場のインターネットが

まともに接続できずに困っています。


この期間も、動画サイトでなければ遅いなりにページが見れたり、

文章だけのメール受信は何とかできることも多かったのですが、

添付ファイル付のメールは、一晩待っても送れない事があったり、

スカイプや、インターネット電話は、途切れて、ほとんど使い物になりません。


また、30分〜8時間程度、まったくインターネットが繋がらないことがあります。


まったく、繋がらなくなったときや、メールが長時間、送れないときは、

近所のカフェに移動して、そこで仕事をしています。

ただ、音楽が煩かったり、カフェのネット状況も万全とは言えず、

ネット難民として彷徨うことがあります。


最近の職場の劣悪なネット環境ですと、お客様から、日本の市内通話程度の

料金が発生するインターネット電話に、ご連絡いただいても、音声が途切れたりするので、

当社から、かなり高額な通常の国際電話でおかけなおししています。

(おかけなおしする場合にも、インターネット電話であれば通話料が安いのですが・・・)



別途、利用しているポケットWIFIや、携帯電話からのテザリング等も試してみましたが、

当社の場所が悪いのか、まともに機能していない状況です。


当社で契約しているインターネットは、PLDTという日本で言えばNTTにあたる会社の

ビジネスプランで、約4500ペソ(約1万1,000円)で、

下り10mbps程度のスピードが出るという事なのですが、このような有様です。


また、サポートのレベルはとても悪く、クレームを言っても、

何週間も、まともに対応してもらえなかったり、技術者が来て修理してもらっても

しばらくすると同じ状況になってしまうということを繰り返しています。


他のインターネットプロバイダも、今まで、最初は良くても暫く使っていると同じような

症状になっていたので、よほど、高額のプランにしないと逃げ場がない感じです。

ポケットWIFI等も、ほとんど機能しない日々なので、

あまり、役に立たないかもしれませんが、もう1つ、どこかのインターネットプロバイダと

バックアップとして契約することを考えています。



今朝も、スタッフにPLDTに行ってもらってクレームをしてきました。 

そして、私は、メールが送れないスタッフのパソコンと、自分のパソコンを持って

カフェに来て仕事をしています。(冒頭写真のような感じ)


早くこの状況を脱っすることを願うばかりです。