フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2010年09月17日

アイランドブッフェ

island-hopping-023.jpg

ちょっと前にフィリピン・セブでは4連休があったのですが、

うちのフィリピン留学代理店を利用してセブに留学してくれた生徒達を誘って、

アイランドホッピングリゾート船に行ってきたので、そのときの模様を

紹介したいと思います。


今回は、連休中ということでたくさんの人が集まるかと思ったけど、

私が各語学学校の留学生達に案内メールを出したときには

既に泊りの旅行を計画済みの生徒が多かったり、週末も自習を

していたいという生徒さんも居たりして参加者は私と妻を

入れても9名でした。



余談ですが、この当日のフィリピンの祝日は、フィリピンらしく、

その前の週に政府から正式発表されたのですが、事前に祝日の噂を

聞きつけた生徒達は事前に予定を入れていたようです。

実に素晴らしい判断力ですねぴかぴか(新しい)




今回利用した業者は今年、立ち上げたばかりという、

セブ・アイランドブッフェさんという地元セブのフィリピン人経営の業者。


今回、こちらを利用した理由は・・・

それなりに充実したサービスでありながら、かなりお値段が安め有料だからです

今回、参加者1人あたりの費用は込々で1150ペソ(約2200円前後)でした。

・ボードレンタル代
・朝食サンドウィッチ(ソフトドリンク込み)
・水上ランチブッフェ"食べ放題"(トロピカルフルーツドリンク込み)
・スノーケーリング機材レンタル(ライフジャケット込)
・ヒルトガン島近海への立入料100ペソ
・カオハガン島への入島料70ペソ
・保険料(怪我等があれば最大7500ペソまで保障)
・餌付け用のパン
・船員へのチップ(船員1人に対して100ペソあげました。)
・各語学学校⇔船着場送迎
 (私が自家用車で担当。一部人数の多かった学校の生徒は
  往路のタクシー代を生徒が負担1人約10ペソ?)
・ビール等のお酒類各1本ずつ(我が家からの差し入れ)



この御値段で、カオハガン島、ヒルトガン島、スルパ島の3つの島を回りました。

ん〜〜〜〜〜 大充実です。




とりあえず、この日の様子を簡単にダイジェストで御紹介いたします。

island-hopping-001.jpg

こちらが、プランテーションベイ近くの待ち合わせ場所・船着場の様子です。

フィリピンの超地元・・・ といった感じでしょうか。。。たらーっ(汗)


island-hopping-003.jpg

island-hopping-004.jpg

こういう雰囲気も嫌いじゃないです。。。わーい(嬉しい顔)



island-hopping-002.jpg

出航すると、すぐに皆で記念撮影カメラexclamation×2


island-hopping-007.jpg

撮る男子と・・・


island-hopping-008.jpg

撮られる女子・・・



実に楽しそう・・・猫



island-hopping-009.jpg

そして、暫くするとサンドウィッチとソフトドリンク喫茶店が振舞われました。

これも、今回のパッケージ料金に含まれていました。。。



island-hopping-012.jpg

まず、初めに到着したのは、カオハガン島(Caohagan)


island-hopping-013.jpg

island-hopping-014.jpg


この島は作家の崎山克彦氏が90年代初頭に購入して、自らの著書

「何もなくて豊かな島本」で紹介したことで日本でも知られるようになった島です。


生憎、この日は崎山氏は不在で御会いすることはできませんでしたが、

片言の日本語を話せるフィリピン人ガイドに、この島を案内してもらいながら、

バスケットをする子供等、島民の生活の様子を垣間見ることが出来たり、

小学校や、役所、教会なんかの建物、御土産屋なんかも見学させてもらいました。

island-hopping-020.jpg

island-hopping-021.jpg

island-hopping-022.jpg

island-hopping-018.jpg





island-hopping-026.jpg

この島は自然が豊かで・・・



island-hopping-025.jpg

こんな、奇妙な形な木の上で・・・


island-hopping-024.jpg

こんな風に写真を撮る子がいたり、とっても長閑で自由な空気の中、

のんびりと過ごすことができました犬


island-hopping-016.jpg

そうそう。この島では到着して、すぐの所に新鮮なシーフードが

山のように売られていました目

ここで買って調理して貰うことも出来るそうです。


island-hopping-015.jpg

とっても魅力的な魚介類の山でしたが・・・

今回、我々はアイランドブッフェさんが、船上で食べ放題の

ランチを用意してくれていたので、、、我慢しておきました。




カオハガン島の後は、船上でのブッフェ。

island-hopping-028.jpg

一般的なフィリピン料理は塩辛いことが多いのですが、この日の料理は

味付けが濃すぎず、大満足ですexclamation×2


island-hopping-030.jpg

続いてはマクタンエリア屈指のスノーケリングポイント

ヒルトガン島で、スノーケリングを楽しみました。

アイランドブッフェさんは、餌付け用のパンも用意していてくれました。

格安業者によっては、このパンすらもオプション料金のことがあるので

私は今回、事前に用意して行ったのですが、その心配は要りませんでした。



皆、色とりどりの魚達を堪能した後、ヒルトガン島を後にし、、、

island-hopping-031.jpg

向かった先はスルパ島です。 ホワイトサンドビーチのある小島です。

この島にも上陸しないで、スノーケリングをしたり、持ち込んだお酒を

飲んで昼寝したり、ランチで余った料理を食べたりしていました。

今回のメンバーは私達夫婦以外は全員が20歳代。。。 食欲も旺盛です。

island-hopping-033.jpg


スルパ島から、マクタン島の船着場に戻ったのが16時頃。。。

この日は生憎の曇り空でしたが、留学生の皆さんにも満足して貰えた

1日になったと思います。




今回、利用した、そんな素敵なアイランドブッフェさんですが、

利用するには、いくつか注意点があります。


1つ目は、2〜3名で参加の場合は、そんなには安くはない点です。

日本から観光で来る個人旅行者の場合、ほとんどが少人数のグループだと思います。

そんな日本からのゲストにはちょっと、料金的には魅力が半減するかもしれません。

英語でやりとりしたり、この後書く諸々の理由から面倒な点が多いのは否めません。

逆に私のように留学生等を大勢を連れて行く、しかも格安を求められる

幹事さんには御勧めできます。


2つ目は、障害保険に加入できるのですが、出発日の4日程前までに

名前を事務局までメールで送らないと手続きがして貰えない点です。

まあ、日本で海外旅行障害保険に加入してくるから問題ナシという方々には

関係ない話です。当然ながら保障内容も日本の保険のほうが優れていますし。



3つ目は、費用の半額を事前にフィリピンの銀行で彼らに

振り込まないといけません。

この時点で、日本から旅行で来る短期旅行者にはお手上げだと思います。

なにが悲しくて短い旅行期間中にセブの銀行までわざわざ行って

振込みなんかしなきゃいけないexclamationって思っちゃいますよね。

留学生にしたって、何で授業の合間を縫って、銀行なんかに行かなきゃ

いけないんだって話だと思います。

(今回、私達が行ったときは事前に妻に費用の半額を銀行で

 振り込んで貰っています。)



4つ目は、多くの業者さんは、ボート上でお酒を販売しているのですが

このアイランドブッフェさんの場合は、安全面を考えて、それをしません。

どうしても飲みたい人は、自分で用意して行くか、カオハガン島上陸時にでも

購入しましょう。私達の場合も持ち込みました。

まあ、逆に考えれば、持ち込み料も取られないのでがっつり飲みたい人には

安くつくのが大きな利点だとも言えます。

業者さんによってはビール1本100ペソ(約200円)位で、

街中のレストランで飲むのと比べても2倍位することもありますから。



5つ目は、待ち合わせ場所がちょっと分かり辛いです。

プランテーションベイの先にある船着場で待ち合わせなのですが

この船着場は結構、範囲が広くて船も多い為、携帯電話で連絡を

とったりしないと、中々、船が見つからない可能性があります。

短期旅行者はもちろん、留学生でもフィリピンで使える携帯電話

持っていない人が多いかと思います。

(うちの留学代理店を利用した留学生なら無料レンタルの携帯電話が

 使えますが・・・"全然、さりげなくない形で宣伝(笑)")



6つ目は、このアイランドブッフェさんに申込すると基本的には船着場から

ホテル等への送迎サービスがありません。自分達で足を確保する必要があります。

まあ、行きは留学生ならセブ市かマクタン島の大通り等からタクシーが拾えるし、

短期旅行者の場合もホテルタクシー等を利用して行けば問題ないわけですが

帰りは、タクシーが拾い辛い場所なので、大通りまでトライシクル等で

移動するような多少の苦労があると思っていたほうが良いです。



注意点を、いくつか挙げましたが、これらさえクリアしてしまえば

とっても、とっても、楽しい1日なることは間違いありません。


それと、この日の予約を巡って私の妻と、この会社の経営陣が何故だか

仲良くなったこともあり、そのオーナー達と先日、私も含めて会う

機会がありました。(←この辺がセブらしいですよね?)

その時の話でこれらの問題点のいくつかが解消できるように

我が社でサポートするかもexclamationみたいな話になりつつあります。

まだ、具体的には皆さんに話せませんが数ヶ月のうちに彼等の

サービスレベルが向上するかもexclamation&question


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、15位!いつも、ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学KESC

2010年03月12日

ナルスアン島・ヒルトガン島 アイランドホッピング

20100306-007.jpg

先週の土曜日、私がやってるフィリピン留学代理店を通して

現在、留学している生徒さん達を誘ってアイランドホッピングに行ってきました手(チョキ)

今回の目的地は、ナルスアン島とヒルトガン島ですリゾート



20100306-001.jpg

ナルスアン島は遠浅の海が綺麗で砂浜でのんびりしたりBBQが楽しめますレストランぴかぴか(新しい)

ヒルトガン島はマクタン島付近でNo1と言っても良いスノーケリングスポットです目


今回、掲載している写真は全てナルスアン島で撮影カメラしたものになります。

20100306-002.jpg


以下は大雑把なタイムスケジュールです。

 8時半頃 マクタン島船着場到着→出航
 9時半頃 ナルスアン島到着
11時半頃 ナルスアン島でランチ
13時頃  ヒルトガン島でアイランドホッピング開始
16時頃  マクタン島へ帰港


今回、参加した生徒は英語学校RPCCELIマクタンキャンパス

CDU ESLから全部で10名でした演劇

(他の学校からは参加を希望する生徒が居ませんでした・・・)


今回のアイランドホッピングの1人分の料金は1300ペソ(約2600円)で

多分、内容を考えると安いほうだと思います有料


料金内容は以下の通り・・・

 <含まれる物>
 ・ボート
 ・ナルスワン島入場料
 ・ヒルトガン島入場料
 ・スノーケリングレンタル
 ・ランチ(ワンドリンク付)

 <含まれない物>
 ・マクタン島船着場までの交通費(タクシー代)
 ・追加ドリンク(ビール等 これが高い1本100ペソ"約200円位")
 ・餌付用のパン(全員で100ペソ分購入)


交通費車(セダン)とか追加ドリンクビールとか色々、込みで1人3000円あれば1日楽しめます。

20100306-003.jpg

今回のアイランドホッピングの企画は

私の妻がNalusuan Island Resort(Tel:032−516−6432)に

直接、電話電話で交渉してくれました。



この交渉が、中々大変そうでしたふらふら

実は始めに聞いた値段と、人数確認等の最終チェックで電話したときの

値段が違ったり(もちろん、フィリピンなので高くなるほうで。。。)

当日、行ってからも、更にふっかけられて若干、高くなったりと。。。

なかなか、良い気持ちにさせてくれないのがフィリピンのビーチリゾート

そして、フィリピン人のホスタビリティ・・・たらーっ(汗)


それと、人数確認で電話したときに値段交渉をして彼等の機嫌を損ねたせいか、

10−25人が乗れるという大きな船を予約したのに、

当日は小船が来たりと、そこはまあ、フィリピンがフィリピンたる所以。。。
あせあせ(飛び散る汗)


初めから、3000円とか提示してくれて、船も事前に小さいと説明があれば

それは、それで理解をした上で十分、納得して申込むのに、、、 

何故、こんな馬鹿げた商売の仕方をするのか・・・

私には未だに理解できません。。。 ちっ(怒った顔)


だから駄目なんだよ!!!! この国は・・・ 


と、この日も思いました猫


20100306-004.jpg

20100306-005.jpg

ナルスアン島到着後の清算時には御客様である留学生の前で

夫婦揃って島の受付と細かい値段交渉をしたりして・・・

みっともない姿を見せてしまいました・・・あせあせ(飛び散る汗)



それでも、綺麗な海ぴかぴか(新しい)

20100306-013.jpg




ビーチがあれば・・・るんるんるんるんるんるん

20100306-008.jpg




皆さんには、十分、楽しんで貰えたらと思います手(グー)




しかーーーし、



ただでは終りませんでしたたらーっ(汗)



今回、英語学校RPCに通う女子生徒がナルスアン島で遊んでいるときに

クラゲに刺されてしまいました。

島の職員が酢をつけると良いというのでさっそく、酢で治療

(幸い、たいしたことがなかったようで、後日、私が学校訪問をしたときに

 聞いたら大分、良くなったとこのことです。)


20100306-006.jpg

クラゲの件は災難でしたが、それ以外は事故等もなく

ナルスアン島の綺麗なビーチやランチ、ヒルトガン島でのスノーケリングを

皆さん、楽しんでいました。 

20100306-009.jpg

20100306-010.jpg

それにしても、ヒルトガンのスノーケリングは何度、行っても楽しいです。

魚の種類も豊富だし、比較的大きなツバメウオや、ヤガラ等もたくさん

見つかるので飽きないですぴかぴか(新しい)


今回のNalusuan Island Resortでの手配は、値段の交渉は

相当、面倒で梃子摺るけど、それでも安いからまた利用するかも。


それか、ちょっとだけ高くなるけど、サービスレベルの点で言えば

アイランドバンカのアイランドホッピングのほうがストレスないから

行くときのメンバーで使いわけるのが良いのかもしれません。。

20100306-011.jpg

20100306-012.jpg



人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、14位!いつもありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


2009年07月26日

マクタン島からアイランドホッピング

パンダノン島の透き通る海


7月某日妻の誕生日にアイランドホッピング船に行ってきましたるんるん

本当はシキホー島かボラカイ島に2泊か3泊程度で新婚旅行も兼ねて行けたらと

思っていましたが留学ピークシーズンのこの時期に、やっぱりそれは難しくて直前に

予定を変更しましたあせあせ(飛び散る汗)

でも、今回の日帰り旅行には妻も大満足だったようですぴかぴか(新しい)


今回、我々が利用したのがセブの有名御土産屋『アイランドサーベニア』が運営する

『アイランドバンカ(islands BANCA CRUISES)』のアイランドホッピングです。

以下が予約時の電話番号になります。


(032)236-4896



(0917)630-0736



今回、我々が訪れたのは・・・

・ヒルトガン島 / Hilutungan(入島料1人100ペソ)

  → 海洋保護区にしていされていてスノーケリングに適している。

・パンダノン島 / Pandanon(入島料1人150ペソ)

  → ホワイトサンドの小さなビーチ。ここでランチを食べました。

・ティンゴー島 / Tingo

  → 今回、オプションで釣りをお願いして、この島に行きました。


アイランドバンカの場合は行き先や希望するオプション(スノーケリング、釣り)等を

連絡先の担当者に言うと、それに適したプランを見積もってくれます。

私達の内容の場合、料金は2名でランチレストラン・フリー1ドリンクビール、入島料リゾートを込みで

5,900ペソ(約12,000円)でした。


何社かホームページでフィリピン現地の旅行会社を探してみましたが安い部類だったと思います。

それに、スタッフの教育も行き届いていて特に担当者は若かったですが紳士的な態度でしたわーい(嬉しい顔)

それと、この業者以外にも数多くの日本人経営の会社も大差がない値段で似たような

アイランドホッピングのプランを紹介しているようなので英語等で直接、電話電話するのに

勇気がいる人は日本人経営のところを探せば良いと思います。


それでは、この日の様子を書いていきます。。。


まずは朝9時頃にマクタン島ヒルトンホテル隣のアイランドバンカ事務局に集合でした。

ヒルトンホテル入り口手前にあるスキューバワールド(Scuba World)と入り口が同じになります。

タクシー等で行くときはスキューバワールドの看板を目印にすると見付かりやすいと思います。


このピンクの建物バッド(下向き矢印)がヒルトンホテルビルになります。

マクタン島・ヒルトンホテル






これが、『アイランドバンカ(islands BANCA CRUISES)』の事務所になりますバッド(下向き矢印)

islands BANCA CRUISES


アイランドバンカのスタッフは全員、オレンジ色のユニフォームを着ています猫

皆、御揃いのユニフォームのislands BANCA CRUISES船員達

また、船体やタオル等の備品、ゲストブック等いたるところにオレンジ色が

適度な配色で使われていて統一感がありセンスを感じます目



ヒルトガン島へ

いよいよ、出航です。 まずはヒルトガン島(Hilutungan Island)へ向かいますexclamation


雨季なのに好天

セブは雨季ですが晴天ですexclamation×2



islandsBANCA CRUISESの船はリラックスできます

船には防水のクッションが5つ程、置かれていて寝転びながらクルーズを楽しむことができます。

私は過去に相当数、バンカーボートに乗っていますが、この手の本当に寛げるクッションが

利用できる船は他に記憶がありません。


ヒルトガン島(GILUTUNGAN MARINE SANCTUARY)

30分程でいよいよヒルトガン島に到着です。


ヒルトガン島でスノーケリング

ヒルトガン島は海洋保護区(マリンサンクチュアリー)になっていてマクタン島近辺では

スノーケリングのNO1ポイントとも言われているようです手(グー)


海女さん?

海女さん(?)の格好をした嫁も準備万端ですexclamation&question


スノーケリングを開始した妻

さっそく、海に飛び込んで魚達に御対面です。



ちなみに海の中はこんな感じですバッド(下向き矢印)

船員にパンを貰って餌付けするとおびただしい数の小魚が集まってきました猫




いやーーーー演劇 素晴らしかった。。。



スノーケリングを思う存分楽しんだ後、続いて訪れたのはヒルトガン島から

船で30分位の『パンダノン島(Pandanon)』です。

パンダノン島(Pandanon)

ここは全長200メートル程度の白い砂浜がある、ただ美しいだけの小島です。


 パンダノン島(Pandanon) ジェットスキー

オプションでジェットスキーや・・・



 パンダノン島(Pandanon) バナナボート

バナナボートも楽しめるようです。。。


 パンダノン島(Pandanon) 海辺のペアシート

こんなペアシートで恋人ムードと寛ぎたいと思いませんかexclamation&question


 パンダノン島(Pandanon)モーターボート

ただただ美しい・・・リゾート


 パンダノン島(Pandanon)は、ただ綺麗なだけの小さな島

本当にひたすら美しいだけの島・・・

日頃の疲れなんて吹き飛びます・・・猫


 パンダノン島(Pandanon) 小さくて静かなビーチ

私達は利用しませんでしたが奥のほうに見えるコテージは200ペソ程度(約400円)の

使用料で使えるそうです有料


 パンダノン島(Pandanon)で休憩

コテージの変わりに木陰のテーブルと椅子を使わせて貰いました。

ここは追加料金がかかりませんでした手(チョキ)


簡素なお昼御飯

私達は、この島でお昼を食べることになりましたレストラン

料金の内訳を言うと、ランチは1人150ペソ(約300円)でフリードリンク付です。



ランチのビールビールで適当に酔っ払うと・・・

 パンダノン島(Pandanon) この日、誕生日の妻も大満足!!


妻がはしゃぎはじめました・・・

はしゃぐ妻・・・ 孔雀のつもり?

これは孔雀のつもりかexclamation&question


 パンダノン島(Pandanon) 喜びを体で表現?

そして、全身で喜びを表現。。。



その後、船員がスキムボードを持ってきて披露してくれました。

 パンダノン島(Pandanon)でスキムボード

さすがに上手いですねexclamation


 パンダノン島(Pandanon)でスキムボード

そして、私達も真似をすることに・・・


 パンダノン島(Pandanon)のスキムボード

・・・ 

やっているときは、ちゃんとできているつもりでしたが、写真で見ると全然ですねー


 パンダノン島(Pandanon)でスキムボード

ちなみに妻も挑戦しましたが全くでしたダッシュ(走り出すさま)


 パンダノン島(Pandanon)でスキムボード

それでも、私も妻もこの島には大満足でしたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


パンダノン島を後にして我々が向かったのは、そこから小1時間の

『ティンゴー島(Tingo)』です。


ティンゴー島(Tingo)

この島に向かう途中、夕立にあいびしょ濡れになりました雨

でも、雨は20分程でおさまり、また晴れました。

フィリピン・セブの雨季なんて台風を除けば大抵、こんなもんです手(グー)

ティンゴー島(Tingo)で釣り

アイランドホッピングを扱う業者によっては、釣竿はなく手釣りの場合もありますが、

アイランドバンカの場合はちゃんとした釣竿を用意されていましたぴかぴか(新しい)

でも、私が使った竿についたリールは壊れていて非常に使い辛かったです。。。もうやだ〜(悲しい顔)


ティンゴー島(Tingo)で釣り

ちなみに釣果は1時間強で私が3匹、妻が5匹でした。全部、小物です。

釣堀でも、ほとんど釣れない下手くそな我々でも簡単に連れたので誰でもOKだと思います。

もちろん、お子様連れの家族でも・・・


釣りも終って港に戻ったのは4時半頃、予定よりも大分、時間オーバーでしたが

追加料金等は請求されませんでした。


変わりに大満足だったので普段の私よりも多めのチップを船員に貰ってもらいましたぴかぴか(新しい)


「最高の1日を本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)」って何度も

船員達に頭を下げて別れを告げました。。。



1人500ペソの割引券ぴかぴか(新しい)を貰ったからまた、行きたいなーーsoon



セブ島に語学留学する方は10人位で学校の友達と行けば、似たような内容で

我々のときよりも大分、安く行けます船

韓国人経営のショップで大人数だと1人1200〜1500ペソ程度のようです。

韓国人生徒の比率が高い学校なら簡単に、それ位の人数が集まると思いますexclamation



人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、8位!ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。