フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2009年05月17日

バロット(balut)

フィリピン屋台・庶民の味『バロット』

今回ご紹介するのは『バロット(balut)』です。

バロットとは孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵のことです。

夜になると町のあちこちで、自転車に乗ったおじちゃん、おじいちゃんが売り歩いています。

値段は10ペソ(約20円)前後です。


見た目がグロテスクで孵化直前のものは雛のくちばしや骨がある為、海老殻の

ようなパリパリした食感と、普通のゆで卵に比べて濃厚な味が堪能できます。

まだ、卵に近いものも、普通の卵より固くて食べ応えがあります。

塩の結晶やお酢(たぶん、あれはお酢)を上からかけて食します。


今回、食べたのはまだ、卵に近いモノでしたが、それでもグロいのでモザイクを付けときます。

クリックするとモザイク無しの大きい画像が表示されますバッド(下向き矢印) 苦手な人は見ないでくださいふらふら

フィリピン屋台・庶民の味『バロット』


フィリピンに語学留学中の学生や、観光客がバロットを食べるとしたら、セブ市の中心の

フェンテオスメニャに、露天商がいつも出没しているので買いやすいと思います
手(チョキ)


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、14位グッド(上向き矢印)ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English

2009年02月18日

MATADOR

安酒「MATADOR」

昨日、お伝えした格安英語学校『MDL』を紹介するというお仕事


今日はウェッブサイトオープニング2日目にして色々とやることがあって

朝5時台から夜9時頃まで昼食を挟んで、ほぼ、ぶっ通しで働いた。


まあ、そんなの日本で働いていた頃にもたまにはあったけどね。

このブログに訪れる何人かも職場でカップヌードルすすりながら

見てるんでしょ?



そして、今、すきっ腹で、フィリピンのどうしようもない

安酒「MATADOR」をグビグビッやってたらグラグラに目が回り始めた。

【MATADOR】

アルコール度数32.5の凶暴な酒

1リットル90ペソ強(約180円)で売られるこの酒を

1.5ℓペットボトル50ペソ前後(約100円)のコーラなんかで

割って飲むのが、この国流

exclamation&question  これは酔うためのお酒なんですexclamation×2


目が回り始め、タンスからE−1カメラを取り出し撮った1枚が冒頭の写真


酔っ払ってても三脚を立てれば、へっちゃらさモバQ





今日、とある友人にメールメールで軽くこんな話を伝えた。



超ウォン安だからって、韓国のソウル辺りに行って、

どうでもいい物、買物して焼肉なんか食べてる場合じゃないって!


セブに来たら韓国人経営の英語学校に信じられないような

値段で留学ができるよ!! ウォン安円高がここでも活きてるんだよ!


英語力は絶対に将来を広げる!!

過去には1週間だけMDLに留学しに来た日本人もいる。


1秒1歩でも無駄にしちゃ駄目だよ! 

今しかないわけじゃない!!

でも、今がチャンスなんだ!!! 



ってね。もちろん、もっと柔らかくジェントルに手短に。



今日、言いたいのはそれだけ。


そしたら、明日もがんばるぜぃ(酔) 泥泥泥泥泥泥・・・


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、6位exclamation皆さんのお陰でまた一つ、順位をあげました。

これからもコツコツとセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。




2009年01月10日

レチョン

レチョン

レチョンとは、豚または鶏の丸焼き料理のことです。


豚の丸焼きは「レチョン・バボイ」、鶏の丸焼きは「レチョン・マノック」と言います。
一般的に"レチョン"とだけ言う場合、豚のほうを指します。


豚のレチョンは結婚式や大きなパーティのときに食べられるお祝いの料理です。作り方は内臓を取り除き香草を詰め、頭から尻にかけて棒で串刺しにし、火の上でゆっくり回しながら丸1日かけて焼きます。1頭3千ペソ前後から売られているようです。私の結婚式のときもオーダーしましたがホテル料金だったせいか4000ペソ(当時のレートで1万円位)かかりました。
レストラン等では切り売りしているところもあって少量でも買うことができます。
表面は北京ダックを硬くしたような食感でパリパリしていて皮の下にある脂分がジューシーで美味です。味付けは作り方にもよるようですが私が食べたことがある何回かは、肉に塩味がとても利いていて酒の肴に良かったです。また、フィリピンの少々、パサついた感じのご飯にも合いオカズとしてもかなり美味しいです。

 評価:★★★★(4点)


鶏のレチョンのほうは街の通り沿いのあちこちで売られています。
こちらは醤油ダレをつけて食べるのが基本で値段も1羽150ペソ前後(3〜400円)で気軽に買えるお酒のツマミです。
私はたまに、この鶏のレチョンをお気に入りの近所の屋台で買い、別の近所の商店へ行ってサンミゲルプルセンビールと共にグビグビやっています

 評価:★★★☆(3.5点)


人気ブログランキング(留学)参加中!!

これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。