フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2009年03月23日

【お勧め本】TOEIC対策本

今回、ご紹介するのはTOEICの対策本2冊です。


「TOEIC TEST 文法急所総攻撃」
「TOEIC TEST 文法鉄則代攻略」




この本はTOEICを解く為のテクニックが事細かく記載されています。


TOEIC受験が大好き(?)な私の兄が、私がフィリピン英語留学前に、この本が

一番、TOEIC対策に向いているから、自習用に持って行けというので購入(貰ったわけ

じゃない)しました。

そして、フィリピン留学中はそこそこ、自習に利用していました。



じゃあ、皆さんにもこの本をお勧めできるかというとちょっと微妙です。


英語レベルが中級以上の方のみにお勧めさせていただきます。


この本は、はっきり言ってしまうと万人向けではありません。

既にTOEIC600点以上、ある人なら非常に良いと思います。

しかし、英語初心者の場合は、これをやる前に先に紹介した「マーフィーのケンブ

リッジ英文法(初級編)(中級編)」
等で一般的な文法基礎力を十分に養って

からじゃないと、読み進めていくのが相当に億劫だと思います。


しかも、著者の長本氏の文章の書き方というか口語体が、神経を逆撫でする

こともありダブルパンチだと思います。


私もフィリピン留学をする前は超初心者だったので、授業等で十分に基礎力が

付いてきてから自習で利用していました。


そういう訳で初心者には、まったく向かない本だと思いますが、私の兄が言うには

この本をやり込んだら600点台→800点位まで短期間で点数が伸びたそうですがく〜(落胆した顔)


ちなみに私はというと・・・ 



内緒にさせてください猫





とにかく。。。


フィリピン留学をする人には、単に話せるようにることだけが目的じゃなくて、

試験で高スコアを出すことが目的の人がいると思います。


フィリピン留学は試験対策としても間違いなく有効ですが、こういった

試験の解法テクニックについては日本語で書かれたテキストで勉強するほうが

やり易かったり早かったりということが多々あります。


あなたがもしも、TOEIC対策としてフィリピン留学を考えているのなら

今回、紹介する本を持っていくことをお勧めします。

(あなたが英語初心者だとしたら長期留学する場合のみ持参をお勧めします。)


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在13位!最近ちょっと順位が下がり気味もうやだ〜(悲しい顔)
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English

posted by Bruce at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め本>英語留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

【お勧め本】フィリピン英語留学・グラマー学習本

今回、ご紹介するのはグラマーの学習本4冊です。

a 日本語版「マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)」
b 日本語版「マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)」

B 英語版 「Grammar in Use Intermediate」
A 英語版 「Basic Grammar in Use 」


aAは同じで、bBも同じ本です。英語で書かれているか日本語で書か

れているかの違いしかありません。



日本語版バッド(下向き矢印)



英語版バッド(下向き矢印)



これらの本の英語版は、フィリピン英語留学の授業で良く使用されています。

私もグラマーの基礎は、このベーシックグラマーの英語版を授業で使用しました。

中級編はたまたま日本人留学生の友達が卒業時に日本語版を残してくれたので

それを授業で使用しました。


当然かもしれませんが、日本語版と英語版で内容が、ほとんど同じなので

生徒は日本語版、先生は英語版で授業を受けることも可能でした。


この本は、とてもわかり易く良く出来た内容で左ページに詳細な解説と例文で

右ページが練習問題になっています。


私の場合はほとんど予習はせずに、授業では解説部分だけを教えて貰って、右ページの

練習問題を宿題で解いて来て、次の授業の前半で答え合わせをして、残り時間で

また、次の解説部分を教えて貰うという手順で受講していました。



次に日本語版と英語版のどちらを買えば良いのかという疑問も湧くと思います。

この本を日本で勉強しようと思っている英語初心者の方が買うなら迷わず

日本語版をお勧めします。


独学でやるなら英語版よりもわかり易いし、値段も安いからです。


しかし、フィリピンで英語留学を考えているなら、初級編は現地の

語学学校で英語版を購入されることをお勧めします。
(日本で買うより安いです)

理由は名詞、動詞、副詞、形容詞、不定詞、動名詞、主語、述語・・・の基本用語を

留学初期の段階で英語で覚えないと授業を受けていて色々と困る場面が

出てくるのですが、これらの用語を覚えるのに、ベーシックグラマーの英語版が

非常に適しているからです。


中級編になると、ちょっと状況が変わってきます。中級編のテキストを

始める頃には、既に前述の基礎用語は頭に入っているはずです。

そして、中級編の内容はやや難しい所や微妙なニュアンスがわかり辛い所があるので、

日本語で解説が書かれた日本語版があると便利なときが良くあります。

だから、半年程度の長めのフィリピン語学留学を検討している英語レベル初級の方等は、

中級編は日本語版を用意していくのも1つの選択肢としてアリだと思います。

人気ブログランキング(留学)参加中!!
ベスト12位へ後退バッド(下向き矢印)もっと頑張らなきゃexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English


posted by Bruce at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め本>英語留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

【お勧め本】速読速聴・英単語

お勧め本

今回はセブ留学するときに日本から自習用に持っていく
お勧めの英語学習本を紹介します。


セブ留学した場合、大抵の生徒は語学学校で販売している膨大な
量のテキストを、それぞれのスキルや希望に合わせて購入し使う
ことになります。

でも、これらのテキストって当然ながら英語版です。
これだと、ちょっとだけ困るのが単語の本。

授業でも英語版の単語集テキストなんてのを使ったりするけど、
やっぱり日本人なら日本語で解説が書いてある本のほうが、
大量に覚えるのには都合が良かったりします。


紹介する本は「Z会発行 松本茂 速読速聴・英単語」シリーズです。

Basic2200、Daily1500、core1900、Advanced1000の4冊が発行されています。


そこそこ、マジで英語を勉強している人達には超有名なシリーズ。

このブログを見に来る程、アレな方々なら既に、この本達のことを
十分、知っているような気もしますが、知らない人も居ると思うので
書かせてもらいます。(自分も留学する直前まで知らなかったので)


この本は1トピック毎に長文があり、その長文には覚えるべき
単語が散りばめられていています。トピックの内容も多岐にわたり
読み手を飽きさせません。

長文の後には単語・熟語ごとの解説が一覧で書かれています。
これらの単熟語は赤字で書かれているため、付属の赤いシートを
使えば確認チェックにも使えます。

そして、本のタイトルにもなっている”速読速聴”力を鍛える為の
CDがついていて、長文をナチュラルなスピードで話してくれます。
(本のレベルが上がるとスピードが早くなります。)
このCDを聞いているたけでも物凄く勉強になります。

フィリピン英語留学する上で勉強に関する不安材料は”フィリ
ピン人
の発音”、”自身の単語力向上”の2つが大きな割合を
占めるのではないでしょうか?

正直、フィリピン人の英語の発音については留学してみる
までは誰に何を言われても心配ですよね?

そんな心配している人に、この本を強く、推薦したします。


シリーズ4冊あるので、ご自身の英単語力留学期間、カリキュラム、
宿題の量(留学代理店に確認)等を考慮してちょっと少ないかなって
位を持っていったら良いと思います。

セブ留学中は結構、宿題とか復習が多いので半年留学する人でも
1〜2冊あれば十分だと思います。
それに、単語集なので何回でも読み返せますよexclamation


09年3月22日追記

以下にAmazonへのリンクを追加します。知らない間に「Business 1200」ってのも

発売されていました。今度、日本に帰国したら見てみよ
るんるん






人気ブログランキング(留学)参加中!!

これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。



posted by Bruce at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め本>英語留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする