フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2011年04月28日

フォトウェディング

pic-11.jpg

あんまりブログでは書いていないけど、

フォトウェディングの手配なんかも当社でやっています。

また、日本のウェディングプランナーの方々をお手伝いすることもよくあります。

たまに、私も一緒にカメラマン達と同行して写真を撮ったり、

通訳兼撮影サポートなんかもしたり。。。

新婚カップル達の撮影は自分も幸せになれて最高の時間です。


pic-01.jpg

pic-02.jpg

pic-03.jpg

pic-04.jpg

pic-05.jpg

pic-06.jpg

pa.jpg

pic-07.jpg

pic-08.jpg

pic-09.jpg

pic-10.jpg



人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、10位!ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学KESC

2009年05月23日

過酷な思い出

マクタン島・セブマリンビーチリゾート


ここでは、タダの物なんて1つもない。。。


それが、セブマリンビーチクラブの女性スタッフに力強く言われた衝撃的な一言。。。



私は、08年に、フィリピン・マクタン島にある、このセブマリンビーチクラブで

結婚式を挙げましたムード


初めて見学に訪れたそこは、こじんまりとした庭があり、小さいビーチでしたが

限られた親族やフィリピン英語留学でできた友達や先生、50人程度の来客で

結婚式を挙げてパーティをするにはちょうどよい大きさで担当者との協議の中だけでも、

結婚式に関する数々のアイディアが浮かびましたひらめき


ここにしよう。。。


そう決めましたが、結婚の準備中も式中も信じられないことが数々、起こります爆弾爆弾爆弾


例えば、、、

・結婚式2週間程前にバンドの料金が1.5倍に跳ね上げされる。

 パンフレットでは4000ペソと明記され事前に確認していたのに、6000ペソに。。。 

 彼らの言い分は「このパンフレットを作ったときに想定していたバンドと

 今回はメンバーが代わっている」というフザケた理由。

 流石に頭に来たので、ホテルスタッフにブチ切れたら、バンドのボーカルの

 女に片言の日本語で「ダイジョウブヨ」と舐めた口調で言われ余計に腹が立ち後は・・・ちっ(怒った顔)



・打ち合わせに片道1時間近くかけて行ったのに、当日約束したホテル手配の

 花火師が2時間遅れてくる。ホテルからも花火師からも謝罪がない。

 これが、フィリピンスタイルだと開き直られる始末。


・別の日、打ち合わせに片道1時間近くかけて行ったのに、当日約束していた

 フラワーアレンジメントの担当者が急遽欠席。

 理由は、「セブマリンオーナーの子供の誕生日会があり、飾付を担当する

 ことになった」から・・・たらーっ(汗)



・簡単な内容だったら、メールメールで質問してこいというのでメールで質問しても

 いつまで経っても返事が来ない。

 結局、電話phone toして聞くか、片道1時間位かけて担当者に会いに行かないとラチがあかない。


・セブマリンに頼んで雇った打上花火師は15分打上げで打ちあがる花火の

 種類もDVDを見ながら事前に約束・契約書を作成したが、実際には3分程度。

 大きな花火に関しては1発しか上がらない有様ちっ(怒った顔)



・打上げ花火は半分は前払いでした。

 披露宴の間の花火終了後は披露宴中にも関わらず、新郎の私に支払い要求をしてくる始末。

 しかも、結婚式をメインで管理するセブマリンの担当者を通して。。。

 花火師も馬鹿なら、セブマリンの担当者も本気の馬鹿!

 披露宴終了後まで待たせて怒鳴ってやろうと思っていたが、まばらに残るゲストや両親を

 前に新郎の私が怒るわけにいかず、(心は)泣く泣く残額を支払うはめに・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 必死に堪えてゲストの前では笑顔でいました・・・わーい(嬉しい顔)



・スライドショーを作ったから、事前に音響とプロジェクタテストをさせて欲しいと

 頼んだが、彼らは何回も経験があるからと頑なに拒否され、実際には結婚式当日は、

 マジで馬鹿なそのセブマリン担当者が「やっぱり、つながらないや。。。」と言ってくる。

 結局、日本人と台湾人の友達3人ががんばって、持参したパソコンと音響設備を繋げてくれて

 事なきを得ました。 ありがとうexclamation T&G&Bexclamation×2


・その馬鹿なセブマリンの担当者に、引き出物(ゲストへのお土産)の約半分を無くされるがく〜(落胆した顔)

 結婚式当日の昼間に彼に預けたが、ぞんざいに適当な場所に置いているのを発見したので

 2回も注意したが、結婚式中に無くなっていることに偶然、新郎の私が気づく。

 そして、私の兄弟が披露宴中にリゾートのあちこちを探し回って発見。

 
・結婚式の後に泊まった部屋はデラックスルームでしたが、テカテカした巨大ゴキブリが出現がく〜(落胆した顔)

 きっと、そのゴキちゃんは殺される危機感がない生活を送っていたのでしょう。

 全然、逃げません。。。 もちろん、即効で退治しました・・・


・そのデラックスルームでは半年消えない痕ができる正体不明の虫に夫婦共にたくさん刺されるふらふら


・翌朝、スタッフに虫刺されの件について文句を言ったら、「そんなはずはない。あのマットレスは

 新品を用意した。私達にも想定が付かない事態だから、責任はない」と、明らかな嘘をつかれるちっ(怒った顔)



・出席者の中には、3歳のリングベアラー(結婚式のときに指輪を運ぶ少年)も加わることに

 なったので、その子は幼いし、色々、事情があり病弱の為、式の後はすぐに帰らないといけない

 ことを説明、結局その時点で70人も参加者が居たので彼の食事代だけでも無料に出来ないかと

 相談したら、冒頭の御言葉、「タダの物なんて1つもない。。。」を真顔でいただく。

 多分、ここでは笑顔すらも御金で買わなければいけないんだと心底、思った瞬間だった。


・結婚式の翌日、最終清算有料をしましたが、子供も大人料金でカウントされる。(わざと?)


・事前に披露宴中は出さないと決めていた高額ドリンクバーの数々が請求される。


・また、結婚式のゲストの人数を数え間違え、過剰に請求されるちっ(怒った顔)


・清算後はセブマリンのスタッフは1人も見送りに来ない。結婚式の式場も日程も動かせない

 時期になってから、セブマリンの実態がわかってきていたので、私達夫婦以外の家族達は

 ウォーターフロントホテルに宿泊していたので、家族に不愉快な思いはさせませんでしたが
 
 何ヶ月も準備して結婚式を挙げたのに見送りが無いのは幾らなんでも切な過ぎた〜バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



<ついでに、セブマリンとは関係ない我々の結婚式に纏わるトラブルの数々も書いておきます>

・セブ市で雇ったウェディングドレス屋とのトラブルの数々。

 待ち合わせをドタキャンしたり、約束した日までに品が間に合わなかったり。

 また、契約書まで明記されている付属物(ピロー、ティアラ等)が、指摘するまで

 貰えなかったり。


・前述のリングベアラー(結婚式のときに指輪を運ぶ少年)とその家族が遅刻。

 結婚式開始が小1時間近く遅れる。

  →このことは入念に打ち合わせた写真撮影に影響。ベストの時間帯の日の光とか。。。


・結婚式終了後、カメラマンが予定外の行動に出る。

 夕日の具合が良い感じだからと、結婚披露宴開始を待たせてビーチから少し離れた

 ところにある堤防で私達の撮影映画カメラを強引に行う。

  →後に写真を見て、この件は満足しています。ありがとう。カメラマンMr.S。

   あんただけ、プロフェッショナルだったよ。

   結婚式前に事前、視察もしてシュミレーションしてくれたのはあんただけだよ!!!


・MCが、結婚式当日に彼らのスピーチ部分を大幅に追加(私も知らなかった)。

 予定外の写真撮影もあり、式終了後、乾杯までに45分以上が経過。

 ゲストは暑い中、ひたすら飲み物を我慢・・・

 もちろん、セブマリンのスタッフは気が利かないので乾杯するよって話しになってから、

 飲み物をちびちび、70人に配り始める段取りの悪さ。


・結婚式の入場後、審判(ジャッジ。神父役)の目の前に立った瞬間、神父はカンニング

 ペーパーを忘れてきたことを激白がく〜(落胆した顔) 結婚式が一時(3分程)、中断。。。




あれ。。。

今日はセブマリンのリゾートとしての情報ことを書こうと思っていたけど、結婚式の

吐きそうになる思い出ばかりが浮かんじゃうふらふら

セブマリンの宿泊地としての情報は、また、別の機会に書くことにしますっ


色々、悪いことを書きましたが、良い思い出もたくさんあります。

こじんまりとした、プライベート感の高い雰囲気で、レストランの食事も美味しいし、

狭いけど静かな砂浜で、夕暮れまで貝殻を拾う子供達を眺めながらのビールは最高です。


たくさん、愚痴ってから言うのもあれですが、

なんて言うか、それでも、私達の思い出の場所であることは変わりません。

世界でただ一つの素敵なリゾート・・・


そして、今、結婚式のアルバムを見るとアラ不思議。。。

写真やDVDだと、良かった思い出しか写って(編集されて)いませんし、トラブルの数々も

全部が笑い話になっています手(チョキ)


人気ブログランキング(留学)参加中!!
現在、9位!ありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English

2009年04月03日

フィリピン・マクタン島 リゾート挙式

フィリピン・セブ島シャングリラで結婚式

冒頭の写真のお二人は去年、マクタン島シャングリラで結婚式を挙げましたムード

そして、奥さんのほうは同じようにリゾート挙式を夢見る方々の手助けをする

仕事がしたいと最近、開業しました手(グー)


以下がそのホームページになります。

http://cebuwedding.jp/


また、彼等が結婚式を挙げたときの日記が彼女の結婚式&旅行記に書かれています。

http://4travel.jp/traveler/eritan/album/10294930/


もしも、将来、セブ島、マクタン島でリゾート挙式をしたいと考えている方は

まずは彼女に連絡&相談してみたらどうでしょうか? 

きっと、花嫁の目線で真剣にあなたの話を聞いてくれると思いますよexclamation

値段もかなり安くやってくれるみたいです。


さて、私とこの夫婦の関係ですが本当のことを言うとまだ会ったことはありません。

ただ、奥さんとはメールで過去に30回以上連絡をとりあっています。

(今月、彼女にセブ出張があるので、そのときに初めて会います)


知り合ったきっかけですが・・・

彼女も初めは、このブログに「フィリピン セブ 結婚式」のような検索をして

訪れてきた読者でした。

そして、彼女のほうから、このブログの問い合わせ先までメールをくれて

彼女の仕事にかける思いや今後の計画等について書いてきてくれました。

その後も何度もメールのやり取りが続き、これからも続いていくだろうと思ったので

今回、彼女の仕事を紹介させてもらうことにしました。


彼女のように開業したてで思うところがある人や、セブでお店等を経営していて

取材して欲しい方、フィリピン語学留学に対する悩みがある方等、

なんでも気軽にメールをいただけたらと思います。


思いや悩みを共有し、少しでもお互いが前進していけたら嬉しいし、

私に出来ることがあれば少しでもお役に立ちたいと思います。


今日、言いたいのはそんな感じです。。。


人気ブログランキング(留学)参加中!!
今日も高順位7位exclamationいつもありがとうございますわーい(嬉しい顔)
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ格安英語留学CEBU English




2009年03月17日

結婚式アルバム

08年10月にセブ(マクタン島のビーチリゾート)で結婚式ムードを挙げました演劇

そして、09年3月の今日、アルバムの編集が終了しましたexclamation×2

アルバムの印刷は、これからになります。


物凄く、遅いと思いませんかexclamation&question


フィリピンタイムという言葉がありますが、それすら凌駕する時間が

かかったのは、10回近い修正依頼を行ったからです。


なかなか、編集者にこちらの意図が伝わらなかったのと、編集者が

伝えた事を大きく下回る仕事をすることもあったからです。

最終的には、編集作業に立会い、フォトショップ上のデータを修正して

貰いようやく編集が完了しました。

決して、彼らの仕事に文句はありません。

出来上がりには非常に満足しているし、ここまで自分の要望に応えてくれたことに

大感謝しています。

もちろん、修正依頼に関して追加費用なんかは請求されることもありませんでした。


編集作業を通してフォトグラファーとは長い付き合いになり、今では友達のような

関係になりました。

最近は、彼の事務所に修正依頼をしに行くというよりは、彼の新しいカメラや

ラジコンヘリ、彼の武勇伝を聞いたりと雑談をするのが中心で、仕事の息抜きに

遊びに行っている感覚だったので、楽しい時間を過ごさせて貰ったというのが

正しい言い方だと思いますわーい(嬉しい顔)


多分、遠慮して修正依頼を少ししかしていなかったら、こういう関係は

築けなかったと思います。


以下がその結婚式ムードのアルバムになります。


既にこのブログでは晒している私達夫婦の顔犬猫ですが、最近では滅多に

しないキスなんかをしちゃっている写真があって恥ずかしいので隠していますあせあせ(飛び散る汗)

セブマリンビーチリゾート結婚式の写真


人気ブログランキング(留学)参加中!!
今日もベスト10死守!いつも応援クリックありがとうございますexclamation
これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。


セブ島格安留学<MDL>

2009年01月04日

結婚式

08年10月にセブ(マクタン島のビーチリゾート)で結婚式ムードを挙げましたexclamation×2

結婚式・式中結婚式・集合写真
式場外観(海側)パーティ会場


 日本の海外挙式プロデュース業者等には依頼せずに自分達で式場となるビーチリゾートを予約しウェディングドレス、ケーキバースデー、贈り物プレゼント、メイク、カメラマンカメラ 映画、花屋、花火師等を個別で手配しフィリピンならではの様々なドタバタはありながらも、友人達の協力もあり個性的で楽しい式とパーティになりました。

 費用有料は日本で挙げるよりも遥かに安い金額です。ここでは恥ずかしいので費用の詳細については省きますが、一昨年、東京都内で友人が挙式した費用の、ちょうど10分の1でした。でも、遠方からのゲストの交通費は大変な負担だと思うし、フィリピンでは日本のようなご祝儀は一般的ではないようなので決して自分達にとっても日本からの来賓にとっても楽ではありません。

以下に自分達が結婚式のために手配(お願い)した内容を書いておきます。

・結婚式場
  →マクタン島のビーチリゾートで結婚式・パーティができる場所を
   くまなく調査。セブマリンビーチリゾートに決定。
   理由は5〜80人程度のパーティにちょうど良い庭と、こじんまり
   としたビーチを持ち、パーティ当日は他の客を入れずに自分達の
   グループの為だけに営業してくれるということでした。
   他のお客さんがいないことで、生バンドやゲストのカラオケにも
   細かな制限がありませんでした。
   式場では結婚パーティのセットプランがあり、料理・小さなケーキ・
   白鳩・飾り付け、受付等の基本項目が含まれていました。
   オプションで生バンドや豚の丸焼き等を注文できたので付けること
   にしました。

     はと

・MC
  →友人。英語学校の男女の先生でグループクラス等も担当する
   人前で話すのに慣れている2人。

     MC

・審判
  →友人の父親(現地ラジオのアナウンサー)

・ベストマン、ブライドメイド(花婿嫁介添人)ブティック
  →ベストマン等は新郎兄弟にお願いし御揃いの衣装を用意。
   ブライドメイドは新婦姉・友人にお願いし御揃いのシフォンの
   ドレスを用意

         ブライドメイド

・リングベアラー(指輪を運ぶ少年)
  →友人の息子。かわいいフィリピン式正装を用意

・花嫁入場用オートバイとドライバー
  →花嫁はバイクの後部座席に乗って登場することにしたのですが
   その為のオートバイとドライバーを友人にお願いしました。
   本当は海からボートで入場するようにしたかったのですが
   潮の満ち干きの関係上、できませんでした。

     オートバイで入場

・追加花の飾り
  →花嫁入場用バイクに飾り付ける花や、パーティ会場移動時に
   撒くための花をセブ市の市場で購入しました。

・送迎バス(復路のみ)
  →フィリピンの結婚式には日本では考えられない習慣があります。
   それについては後日、書きますがその習慣対策の為にセブ市に
   帰る送迎バスを用意しました。

・ウェディングドレス
  →セブ市中のドレス屋生地屋を10数件回り一番、シフォンのドレスを
   気に入ったデザインで提案してくれたドレス屋に決定。
   出来上がりを考えれば凄く安く仕立てられました。

・ウェディングケーキバースデー
  →式場のパーティ料理にもケーキが含まれていましたがあまりに
   小さく可愛くもなかったので、それ程、こだわりがあるわけでも
   なかったのですがケーキを個別手配しました。
   ニモやドリー、海亀等の模様が施されたセブらしい?ケーキを
   見つけることができました。

     ウェディングケーキ

・贈り物(引出物)プレゼント
  →日本のように立派な引出物はフィリピンでは配らなくて良いみたい
   ですが、記念品は皆、配るみたいです。自分達は写真を入れ替え
   られるタンブラーを用意しました。

     贈り物

・カメラマンカメラ
  →セブ市にあるカメラマンを何軒もあたり最高のカメラマンを
   探すことができました。
   間違いなく、セブではNo1のウェディングフォトグラファーだと
   思います。お値段も正直張りました。結婚式費用全体の3〜4割を
   占めていたと思います。

・打上げ花火
  →綺麗なビーチリゾートで挙式し自分達の為に花火まで上がるなんて
   日本に居た頃は考えたこともありませんでした。
   セブの貨幣価値を考えれば値段はとてつもなく高いのですが、
   それでも4万円以下でした。

・メイク/ヘアメイク
  →メイクも何箇所か試して回りましたが、信頼できるカメラマンが
   先に見つかったことで、そのカメラマンが薦めてくれたメイク
   アーティストにお願いしました。探しているときに知ったのですが
   フィリピンのメークさんやデザイナーはほとんどがオカマの人達
   ばかりで驚きました。

・受付入場時のシャボン玉マシーン
  →興味本位もあって衝動買いしてしまったのですがシャボン玉を
   発生させる装置です。結婚式中は主に式の後にパーティ会場に
   向かう通路で使用しました。
   結婚式の後も別のパーティ等で使っています。

・ゲスト(親族)用のホテル/航空券手配
  →あまり長時間、セブに滞在できない人が多かったのと帰国便が
   早朝の人も居たのでホテルはセブマクタン空港の目の前にある
   ウォータフロントホテルを手配しました。

結婚式については準備期間も長く、日本では考えられないトラブルも
たくさんあったので追々、書くつもりです。。。



人気ブログランキング(留学)参加中!!

これからもセブ島の留学、観光情報を頑張って書いていきます。