フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English
HOME フィリピン英語留学>留学代理店のお仕事 今朝、「夏のボーナス」を支給しました

2016年07月05日

今朝、「夏のボーナス」を支給しました

今朝、従業員達に今月分の給料と、「夏のボーナス」を支給しました。

フィリピンは、キリスト教徒が大多数でクリスマスを非常に大事にするお国柄です。
クリスマスの準備は早い所だと9月頃から始めて、クリスマス後も1月にセブ島で行われるフィリピン最大のお祭りシノログまでは、フィリピン人達は何かとお金が必要になります。
その為、毎年12月には「13th month」と呼ばれるボーナス的なものを、給与の1か月分、支給することが法律で義務付けられています。
冬のボーナスが法律で保証されている反面、7月頃の日本で言う「夏のボーナス」は支給しない会社がほとんどです。(稀に、その給与1か月分を半分に分けて半年毎に支払う会社はありますが、それもあまり一般的ではありません。)

ただ、当社は日本人のお客様相手の商売で、サービスレベルは出来るだけ日本に近いものを提供するように職員達に要求しているので、彼らが貰える給料についても、日本と同じように提供したいと私は考えていて、以前からボーナスは夏、冬の2回で、それぞれ給料の1か月分以上を支給するようにしています。
もちろん、支給額については日本と同じようにはいきませんが、それでも、この時期に貰うボーナスは、フィリピンの会社の常識的にはあまりないことで、特にフィリピン人職員達にとっては、歓喜する出来事のようです。
今朝も、職員達に個別にボーナスについて説明をすると、非常に喜んでくれて、何度も感謝されました。この説明をする際には、支給額だけでなく、「これは皆が頑張って、これだけの利益を出しているから得られる恩恵」だということを、具体的に丁寧に伝えています。
夏のボーナスが一般的ではないフィリピンでは、きちんと説明しないと、「普通に働いていれば毎回、貰える」、「日本人のボスは優しくて甘い」という間違った印象を持たれる可能性さえあります。

フィリピンでは、12月のボーナスを貰うと大量にスタッフが辞めてしまう会社もあると聞きます。大多数のフィリピン人家庭は貧しいはずなのに、その状況から抜け出したいと考えずに勤労意欲が低い者が多い事実もあります。特に男性は女性に比べて働かないと言われています。
そんな中、当社のフィリピン人職員は男性ばかりにも関わらず、勤続年数が長い者達が多いのは、この夏のボーナスも無関係ではないと思います。

今後も当社の職員達には、頑張れば報われるということが、モチベーションに繋がって欲しいと思います。そして、彼らの生活を豊かにすることで、不確かな、このフィリピンという国で安定したサービスを留学生たちに提供し続けることができたらと考えています。


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック