フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English
HOME フィリピン英語留学>重要なお知らせ セブから来て思う、大連の良さ

2015年02月27日

セブから来て思う、大連の良さ

78.jpg

セブ島専門留学会社セブイングリッシュのホームページ修正の為、

中国東北の大連でウェッブ製作会社をしている友人の所に滞在中です。


南国フィリピン・セブ島から来た私には、日々の寒さが堪えますが

大連には大連の良さがあり、それを感じながら過ごしています。


大連の良さの一つ目は、食事。

日本と同じく四季があり、食べ物に旬があるので、

この季節の料理を美味しくいただけます。

フルーツなんかも、極上のイチゴが、大き目のパックに入って

200円しないのは、日本人から見ても羨ましい話だと思います。


そして、日系企業が多数、進出している事と、

中国人富裕層をターゲットにした日本食屋が、たくさんあり、

競争が激しく、飲食店の技術レベルが高く食べる側としては嬉しい環境です。


大連の良さ2つ目は治安

ここは、在住日本人達に言わせると、とても治安が良いらしく、夜遅くまで、

出歩いていても危険な目にあった人が回りにほとんどいないらしいです。

セブでは、安全が確実な所でしか、徒歩で出歩かない生活に慣れてしまった

私にとっては、仕事終わりに散歩したり、家族も自由に出歩ける環境は

羨ましいと感じました。(今回は寒さと、仕事で出歩いてないけど・・・)


大連の良さ3つ目は教育

緩和されたとはいえ一人っ子政策で少子化の中国人が

教育にお金をかけるのは有名な話ですが、少し、大き目のデパートにいくと、

1フロア丸々、様々な子供向け教室があります。

英会話、算数、美術、レゴ、自由に遊べる砂場、遊具がある施設 など。

値段は、例えば、小学校低学年向けの美術教室等であれば、

週1回で月8000円位と大卒給与が4-6万円程の人達が多い国でこの価格はかなり、

富裕層向けなのでしょうが教室の選択肢は抱負です。

聞くと、中国ならではの詰め込み教育は相変わらず学校で行われているようですが、

最近は、こういった芸術や、子供の想像力を発達させる教育も盛んになっているようです。


近年、人件費が安く、模倣品を安く作るということで栄えてきたと揶揄される中国産業。

それを、見下してきた日本・・・。 

大連は、中国の一地方都市に過ぎません。

それでも、町に溢れる活力。

中国が安い人件費や、模倣品だけの国ではなくなってきているのを

今回の滞在で強く感じます。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。