フィリピン語学留学・セブ語学留学!日本から直行便で行く世界的観光地フィリピンセブ島で格安英語留学はCEBU English

2013年09月30日

MBA運営会社の1周年記念パーディinセブ

DSC_0918-small-small.jpg

先週末、セブ市の英語学校MBA校の運営会社ユナイテッドリグロース社の

1周年記念パーティに参加してきました。

会場はセブ市内の洗練されたクラウンリージェンシーホテル内。

日本人の学校管理者達はもちろん、学校職員、先生達もドレスアップしていて

日本人校長の英語での挨拶に始まり、ゲーム、ダンス、

そして、社長や管理者の熱い演説と大いに盛り上がりました。

日本からTBSのニュース23報道関係者も来ていて、今、彼らの会社を

数日間にわたって取材中とのことでした。

さすが、セブでも特に注目されている会社は違いますね。


今回のパーティで、驚いたのはフィリピン人の

講師&職員全員に商品が配られるゲーム。

炊飯器、アイロン、テレビ等・・・・ 実用的で喜ばれる品々。

私はあちこちの語学学校のパーティや集まりに参加していますが、

ほとんどの学校のパーティはフィリピン人の職員任せですが、

MBA校のパーティでは、日本人管理者が率先してフィリピン人職員を

引っ張る形で前に出て盛り上げ、管理者たちの経営理念や、

アイデアを合間合間のスピーチなどで押し付けがましくなく、

盛り上げながら展開していて非常に上手くやっていて興味深く感じました。


そして、ゲーム後の更なるサプライズ。

この学校では卒業生にアンケートをとっていますが、

特に今年、評判の良かった在籍期間の長い講師2名には、

日本行きの研修旅行がプレゼントされていました。


学校講師数は僅か、20名強のMBA校です。

この中から、2名が選ばれて日本に行けてしまうわけです。


フィリピンの庶民層では、日本へ行くことなど到底、敵わぬ夢。

それが、この学校の講師として頑張って働き生徒に満足してもらえたら

10分の1程度の確立で行かせてもらえるかもしれないということを

知ってしまったら、、、来年は私こそが!という講師陣の

モチベーションアップに繫がることは間違いないでしょう。

と、思っていたら、、、

日本行きが決まった2人の講師はもちろん、

その周りに、あつまり祝福して泣き崩れる他の講師たち。。。

遠くのほうで、それを見ながら泣いてる日本人管理者たち。


MBA校は、まだ、新しい学校ではありますが

非常に良い方向に進んでいるなと感じます。

今後も当社、セブ専門留学代理店CEBU Englishの

イチオシ校に名を連ねるでしょう。









2013年09月27日

開発が進むフィリピン・セブ市

DSC_0478-small.jpg

年々、開発が進むフィリピン・セブ市。

高台やビルの上層階から見渡すと冒頭写真のような

クレーンがあちこちに見えます。

私がこの町に住み始めた6年程前に比べて、本当に背の高いビルが増えました。

特に、私の事務所があるアヤラモール周辺は最も変わったエリアだと思います。







2013年09月26日

フィリピン・セブの街角

CE12199.jpg

フィリピン・セブ市のオスメニャ・サークル付近で撮影した一枚です。









2013年09月25日

セブ留学の安全・防犯対策(限定公開)

セブ留学の防犯対策ビデオ13分.jpg

当社、留学代理店CEBU Englishにお申込いただいた方への

特典映像として「セブ留学の安全対策ビデオ」を制作&完成いたしました。


この動画を作るのに、私を含めて4人がかりで

実に3ヶ月近くの時間を費やしていました。

特に、ビデオ編集を担当したフィリピン人職員は2ヶ月以上を

この作業だけに没頭してもらいました。 お疲れ様でした。


セブ各地で撮影した映像や、アニメーションを交えて

具体的な犯罪事例や、防犯対策を13分にまとめています。

詳しくはコチラに掲載しております。


当ブログで何回もとりあげていますが、

フィリピン・セブは防犯対策を十分に理解した上で

安全にお過ごしいただける場所です。

今回、作った防犯ビデオも併用する形で当社を利用される

お客様が万が一にも事件に巻き込まれてしまうことがないように

十分に周知していきたいと思います。








2013年09月24日

セブでお腹を出してみる。

_CE12241.jpg

フィリピン・セブの路上では、冒頭の写真のように

お腹を出している男を良く見かけます。


時には、休憩中のタクシー運転手達が3-4人集まり

その全員が同じようにお腹を出していることもあります。


その冷却効果は如何程のものかと

私も自宅のエアコンが壊れた日に試したことがありますが、

まあ、確かに多少は暑さが緩和された気がします。


是非、来年の日本の夏・・・ もしくは、それまで待てない方は

常夏のフィリピン・セブまで起こしになってお試し下さい。










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。